平林初之輔とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 小説家・作家 > 推理作家 > 平林初之輔の意味・解説 

平林初之輔(ひらばやし・はつのすけ)

1892年(明25)、京都府竹野郡深田村生まれ早稲田大学英文科卒。
1919年(大8)、「やまと新聞社」にて文芸評論家務める。
1920年(大9)、国際通信社勤務入り社会主義研究、「種蒔く人同人となる。
1922年(大11)、日本共産党入党、のち離脱
1924年(大13)、「文芸戦線同人となる。
1924年(大13)、「私の要求する探偵小説」を「新青年増刊」に発表
1926年(大15)、博文館入社し、「太陽」の編集主幹就任
1926年(大15)、小説予審調書」を「新青年」に発表同時にこの作品探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第一号(1925年版)」に収録される。
1926年(大15)、「新青年」に発表した「秘密」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第ニ号(1926年版)」に収録される。
1927年(昭2)、「新青年」に発表した「誰が何故彼を殺したか」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第三号(1927年版)」に収録される。
1928年(昭3)、「新青年」に発表した「動物園の一夜」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第四号(1928年版)」に収録される。
当初探偵小説一般文学同列に論じていたが、1928年(昭3)頃から探偵小説一般文学とは異なる独自の存在としてとらえるようになった。さらに、本格探偵小説を健全派、江戸川乱歩に代表される幻想小説不健全派という呼んだ。
1929年(昭4)、ヴァンダイン日本初訳として「グリーン家殺人事件」が「グリイン家の惨劇」の題で「新青年」に訳される。
1931年(昭6)、早稲田大学助教授就任
1931年(昭6)、パリで開催された第一回国文芸作家協会日本代表として出席
1931年(昭6)、出血すい臓炎のため、留学先のフランスにて死去
死後書きかけの作品謎の女」が発見され、1932年(昭7)に「新青年」で完結編を募集したところ、冬木荒之介が当選冬木荒之介は井上靖の別名である。



平林初之輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/23 13:48 UTC 版)

平林 初之輔(ひらばやし はつのすけ、1892年11月8日 - 1931年6月15日)は、日本作家推理作家文芸評論家プロレタリア文学運動の理論家として知られる。




  1. ^ ウイツテ伯回想記その他 平林初之輔 1930年


「平林初之輔」の続きの解説一覧





平林初之輔と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「平林初之輔」の関連用語

平林初之輔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ぷろふいる

探偵趣味

別冊宝石

猟奇

怪の会

探偵春秋

探偵小説

シュピオ





平林初之輔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平林初之輔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS