帰省とは?

き せい [0] 【帰省】

( 名 ) スル
夏期休暇などに,故郷帰ること。故郷帰り父母安否を問うこと。帰郷[季] 夏。 「 -バス」 「親を-する/ヰタ・セクスアリス 鷗外


帰省

作者うつみ宮土理

収載図書結婚の順番
出版社光文社
刊行年月1990.6
シリーズ名女性自身whoブックス

収載図書結婚の順番
出版社光文社
刊行年月1994.11
シリーズ名光文社文庫


帰省

作者唯川恵

収載図書不運な女神
出版社文藝春秋
刊行年月2004.3

収載図書不運な女神
出版社文藝春秋
刊行年月2007.3
シリーズ名文春文庫


帰省

作者宮崎湖処子

収載図書国木田独歩 宮崎湖処子
出版社岩波書店
刊行年月2006.1
シリーズ名新日本古典文学大系 明治


帰省

読み方:キセイkisei

学生・会社員などが暑中休暇利用して故郷帰ること

季節

分類 人事


帰省ラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/26 04:36 UTC 版)

(帰省 から転送)

帰省ラッシュ(きせいラッシュ)とは、郷里を離れ生活する人が休祝日などに伴い、故郷などに一時帰省するため起こる混雑のこと。


[ヘルプ]
  1. ^ 『国鉄監修 交通公社の時刻表』1971年1月号。巻頭の臨時列車などを記載したページより。


「帰省ラッシュ」の続きの解説一覧

帰省

出典:『Wiktionary』 (2011/08/12 18:10 UTC 版)

名詞

きせい

  1. 郷里帰ること。
    夏になってから、その学生田舎帰省してしまった。(徳田秋声或売笑婦の話』)
  2. 郷里父母見舞うこと。
    その頃はまだ、書生暑中温泉海浜へ行くということはなかった。親を帰省するのが精々であった。(森鴎外ヰタ・セクスアリス』)

発音

き↗せー

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
帰省-する

翻訳






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

帰省に関連した本

  • 帰省    読売新聞日就社
  • 帰省  宮崎湖処子(八百吉)  民友社
  • 帰省  宮崎湖処子(八百吉)  民友社

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「帰省」の関連用語

帰省のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




帰省のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帰省ラッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの帰省 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS