帯祝いとは?

Weblio 辞書 > 生活 > ご贈答マナー > 帯祝いの意味・解説 

おび いわい -いはひ [3] 【帯祝(い)】

妊娠か月目に安産を祈って岩田帯をつけ,赤飯を炊いて祝うこと。安産縁起から戌(いぬ)の日を選んで行う。帯の祝い

帯祝い

贈答慣習

帯祝い宮中儀式一般化されたもので、「犬の子山と安産あやかる」ことから、妊娠ヶ月目の戌(いぬ)の日に安産祈願して妊婦下腹部腹帯一般的に岩田帯」と呼ばれる腹帯)を巻くお祝い儀式です。
内輪お祝いになりますが、医学的にもかなっていることから現在でもさかんに行われています。

正式には紅白の絹帯

帯祝に巻く腹帯かつては妊婦実家から贈り子宝恵まれ夫婦が帯役となって、その妻が妊婦に帯を巻きました。儀式には紅白の絹帯が使われ、出産赤ちゃん祝い着に仕立てられましたが、最近では、白木綿を用いるのが一般的です。

腹帯のつけ方

腹帯のつけかた
  1. 下腹部からきつく締めすぎないように巻いていきます。
  2. 前で布をねじり、少しずつずらしながら腹部支えるように巻いていく。
  3. 布の先端三角折り、帯の上部に挟み込む腹帯の上ショーツをはく。

お祝いを贈る時期

妊娠ヶ月目の戌(いぬ)の日の半月前頃から当日までに贈ります。

お祝い返しの時期

内輪祝宴に招く人は当日会食で相当、招かない人へは一週間以内に「内祝」を贈ります。

ひとくちMEMO

病(産)院の謝礼退院時に祝い返し出産内祝一括に贈るのが一般的

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り 献辞表書き 慶弔用品
岩田帯を贈る 実家 祝い帯・岩田帯 のし紙花結び
身内以外 御着帯お祝
祝い金を贈る 身内/身内以外 御帯祝・御祝
御着帯お祝・寿
金封
赤白あわび結び
白花結び
無地
【のし袋】白無地
退院時の病(産)院の医師
看護士への謝礼
本人 着帯御礼御礼
祝い返し 本人 内祝着帯内祝 のし紙花結び

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

のし紙/金封/のし袋の様式 使い方
のし袋:使用例 のし袋:使用例


帯祝い (おびいわい)

妊娠か月目の「戌の日いぬのひ)」に、妊婦さんに白布腹帯巻き安産を祈る儀礼。用いる帯は「岩田帯」と呼ばれます。お産が軽い(安産)の(戌)にあやかろう、というものです。「着帯ちゃくたい)の祝い」ともいいます。

帯祝い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/11 13:40 UTC 版)

帯祝い(おびいわい)とは、妊婦の妊娠5か月目にあたる戌の日に、安産を祈願して腹帯を巻く儀式のこと。




「帯祝い」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「帯祝い」の関連用語

帯祝いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

お歳暮

返信ハガキの書き方

招き猫について

表彰

招待客のマナー

宮参り

お盆

法要





帯祝いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2016
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2016 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帯祝い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS