帝國とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 帝国 > 帝國の意味・解説 

てい こく [0] [1] 【帝国】

皇帝支配する国家
大日本(だいにつぽん帝国」の略。 〔オランダ語 keizerrijk の訳語一つとして訳鍵」(1810年)に載る


帝国

作者リチャード・フォード

収載図書ロック・スプリングズ
出版社河出書房新社
刊行年月1990.7


帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/04 17:17 UTC 版)

帝国(ていこく)とは、皇帝統治する国家を指す[1]


[ヘルプ]
  1. ^ 広辞苑岩波書店など、日本の辞書の記述による。
  2. ^ a b 平川2008, pp.127-129
  3. ^ a b Oxford Dictionary
  4. ^ 100年予測/著ジョージ・フリードマン
  5. ^ 「21世紀の歴史」/著ジャック・アタリ
  6. ^ Peter H.Wilson(原著)、山本 文彦(翻訳)『神聖ローマ帝国 1495 - 1806』岩波書店 ISBN 4000270974
  7. ^ 朝鮮国々号改称ノ件ニ付本邦駐剳同国特命全権公使李夏栄ヨリ通牒ノ件・二通
  8. ^ 日韓議定書
  9. ^ 「タイタン:ロックフェラー帝国を創った男」(ロン・チャーナウ、日本経済新聞、2000年)
  10. ^ 「ユダヤを操るロックフェラー帝国の野望」(徳間書店、1987年)
  11. ^ 「マイクロソフト帝国裁かれる闇下」(Wendy Goldman Rohm、草思社、1998年)
  12. ^ 「マイクロソフト帝国の反逆者たち」(マイケルドラモンド、徳間書店、2002年)
  13. ^ 「グーグル的思考: Googleならどうする?」(ジェフジャービス、2009年、333p)



帝国

出典:『Wiktionary』 (2012/03/21 09:39 UTC 版)

名詞

ていこく

  1. 皇帝元首とする国家理念的には、上位としての統治者を有さず、下位複数国家又は政府を有し、異な民族包摂している。
  2. 大日本帝国の略。
    帝国海軍帝国大学

関連語

翻訳






帝國と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「帝國」の関連用語

帝國のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

炭酸飲料

浄土ヶ浜海水浴場

児玉孝一

バトントワリング

断裁機

ドクヤマドリ

野津道貫

しつけ糸





帝國のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帝国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの帝国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS