巫女装束とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 巫女装束の意味・解説 

巫女装束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/11 05:50 UTC 版)

巫女装束(みこしょうぞく)は、神道巫女が着用する衣装(装束)のことである。


  1. ^ a b 『図解 巫女』P16-17(巫女の装束)
  2. ^ 『平成の巫女』P112。
  3. ^ a b 『図解 巫女』P18-19(小袖)
  4. ^ ただし、院政末期までは女人は素肌に直接を身に付けており、常に注意して袿を合わせていないと裸体の上半身が見えてしまう。下着としての小袖の導入はこの不作法を回避する手段でもあった。『時代風俗考証事典』P258-264。
  5. ^ a b c d e 『図解 巫女』P22-23(巫女装束の着装)
  6. ^ なお、襠あり袴を穿く場合、襠部分が干渉するので腰巻きや長襦袢は着用しない。
  7. ^ 長襦袢を着用の場合、裾よけの機能を兼ねるので普通、腰巻きは省略される。
  8. ^ 平安時代では濃色の袴は未婚の女性用である。ただし、宮中では未婚であっても女房や女官は緋袴の着用が義務づけられていた。
  9. ^ 本来の平安時代では袴は下袴着用の上に更に長袴を穿く、袴の重ね着が基本であった。『時代風俗考証事典』P258。
  10. ^ 元々、こうした女装束は室内用で立て膝で移動するのが基本である。
  11. ^ a b 『図解 巫女』P20-21(緋袴)
  12. ^ 『御神殿調度品各種御装束』2008 御遷宮品一式報3頁
  13. ^ なお、水干等の袖括りではこの長短部分をそれぞれ「大針」「小針」と呼称するが、この名称が上指糸の装飾に適用されるのかは不明である。『装束の日本史』P164。
  14. ^ 『衣服の描き方「メイド・巫女編」』P88。
  15. ^ 『巫女さん入門 初級編』P5。
  16. ^ こうした捻襠袴を、有職故実の袴を再現したとして「有職袴」(ゆうそくばかま)とも呼称するようだ。
  17. ^ a b c d 『図解 巫女』P24-25(千早)
  18. ^ 今は染料だが、本来は山藍を用いる。
  19. ^ a b 『図解 巫女』P36-37(女性神職の衣装)
  20. ^ 『神祭具便覧40巻』P102。
  21. ^ 『図解 巫女』P26-27(髪留め)
  22. ^ これは各巫女の手作りである。『巫女さん入門 初級編』P8。
  23. ^ 『図解 巫女』P30-31(履物)
  24. ^ 『神社若奥日記』P58。
  25. ^ 『図解 巫女』P28-29(巫女の頭飾り)
  26. ^ 『図解 巫女』P32-33(採り物)
  27. ^ これは江戸時代期の復古様式で、平安時代の檜扇には花や組紐などの装飾は施されていない。『平安京から京都へ』P97
  28. ^ 『巫女さん作法入門』P4。
  29. ^ 錫地金を生かして銀で仕上げた物もある。


「巫女装束」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「巫女装束」の関連用語

巫女装束のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カレイドスコープ・ミニ

アバカビーズ

タレッジョ

200系

ミニ球

1200形

XL883N

イセⅠ型





巫女装束のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの巫女装束 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS