川田利明とは?

川田 利明

川田利明の画像 川田利明の画像
芸名川田 利明
芸名フリガナかわだ としあき
性別男性
生年月日1963/12/8
星座いて座
干支卯年
血液型O
出身栃木県
身長183 cm
体重105 kg
URLhttp://www.ohtapro.co.jp/talent/KawadaToshiaki/
プロフィール1982年冬木弘道戦でデビュー。1994年には『チャンピオン・カーニバル 』初優勝を飾る同年日本武道館大会にて第12三冠ヘビー級王者となり、以降数々の名試合繰り広げ三冠ヘビー(第32三冠ヘビー級王者)、世界タッグアジアタッグなど多くタイトル手にするタレントとしては、バラエティ番組ラジオ雑誌中心に活躍主な出演作品に、日本テレビ『ウリナリ』、フジテレビ志村X』など。趣味は美食お酒、車、パチンコカラオケ
代表作品1年2003
代表作品1著書『俺だけの王道
代表作品2日本テレビ『ウリナリ』
代表作品3フジテレビ志村X
職種スポーツ
趣味・特技美食/お酒/車/パチンコ/カラオケ/得意技顔面へのハイキック/ストレッチプラム/パワーボム/延髄斬り/ジャンピングハイキック

» タレントデータバンクはこちら

川田利明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/13 17:48 UTC 版)

川田 利明(かわだ としあき、1963年12月8日 - )は、日本プロレスラー実業家調理人タレント栃木県下都賀郡大平町(現:栃木市)出身。プロレスラーとしてはフリーでタレントとしては太田プロダクション所属。2010年以降、プロレスラーとしての活動は休業中である。




  1. ^ プロレス評議会『プロレス最強は誰だ?』2012年、41頁。
  2. ^ Wrestler Profiles: Toshiaki Kawada”. Online World of Wrestling. 2012年8月19日閲覧。
  3. ^ 天龍源一郎 『完本 天龍源一郎 LIVE FOR TODAY -いまを生きる-』 竹書房、2016年。ISBN 9784801908444 p225
  4. ^ 伝説の川田利明インタビューを全文掲載!” (2011年11月14日). 2011年12月26日閲覧。
  5. ^ なお、2009年9月7日、三沢の急逝を受けて社長に就任した田上は、同年10月3日に大阪で開催される三沢追悼興業の試合として田上・川田VS秋山準・KENTAのタッグマッチを発表した。仲田の言葉は3年半で覆されることとなった。[1]
  6. ^ 伝説の川田利明インタビューを全文掲載!” (2011年11月14日). 2011年12月26日閲覧。
  7. ^ 伝説の川田利明インタビューを全文掲載!その3” (2011年11月16日). 2011年12月26日閲覧。
  8. ^ 馬場元子著『ネェネェ、馬場さん』
  9. ^ 川田のマイクアピールとして最も初期のものは新日本プロレス'00.9.16 愛知・愛知県体育館 AMAZINGでの会場内。G1トーナメントの意図的に組まれた両端の健介、川田というカードに対し、健介が「川田がやるとは言ってない、はっきり言ったらやってやる」とトーナメント表を破り捨てたことに、会場に赴きスーツ姿で「全日本の川田として健介を潰す」と短くアピールした。
  10. ^ 高校時代、控室で三沢にやたら話しかけて叱られたというエピソードがある(三沢はこの頃のことを自伝において「俺は試合が終わって疲れてるのに川田が「三沢さん強いっすねぇ〜。全然練習してないのに」と言ってきたんでシメた」と語っている)


「川田利明」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「川田利明」の関連用語

川田利明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

真山景子

奥井隆一

神代知衣

森英治

木村好珠

芦屋小雁

佐藤日向

西村みえこ





川田利明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2017 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川田利明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS