島谷市左衛門とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 地図測量人名事典 > 島谷市左衛門の意味・解説 

島谷市左衛門(しまや いちざえもん ?-1690)

泉州堺の人。江戸時代前期探検家
オランダ人カスパル・スハルベルヘンによって長崎奉行所与力樋口清右衛門伝えられた測量術、「規矩元法」の伝授を受け、島谷流として一派をなした。同流派は、航海術優れていた。
寛文9年(1669)、末次平蔵の命を受けて、唐船した船を造り江戸回航したといい、延宝3年(1675)には、幕命を受けて代官伊奈忠易らを乗せて伊豆下田出港し、小笠原諸島調査探検し、珍獣、奇木を持ち帰り将軍献上したという。
北条氏長らが攻城法や測量術を学んだオランダ人ユリアン・スハーデルから、彼もまた築城法や攻城法等を学び、これを三代将軍家光に奏上したといわれる




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

島谷市左衛門に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

島谷市左衛門のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




島谷市左衛門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
おもしろ地図と測量のページおもしろ地図と測量のページ
Copyright 2014 オフィス 地図豆.

©2014 Weblio RSS