島谷市左衛門とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 地図測量人名事典 > 島谷市左衛門の意味・解説 

島谷市左衛門(しまや いちざえもん 1606?-1690)

 江戸時代前期探検家
 島谷市左衛門は泉州堺の人で、父に航海術学びカスパルから樋口右衛門由来する西洋測量術学び、島谷流として一派をなし、航海術優れていたという。
 寛文9年(1669)には、 長崎代官末次平蔵の命を受けて、唐船した船(富国寿丸)を建造江戸回航した。その後幕命を受けて、同船小笠原諸島調査探検し、「延宝無人島巡見記」をあらわした(延宝3年 1675)。
 江戸時代初頭測量術関連人物としては、樋口右衛門と嶋谷市左衛門が、その双璧だとの記述が残るという。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

島谷市左衛門に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

島谷市左衛門のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




島谷市左衛門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
おもしろ地図と測量のページおもしろ地図と測量のページ
copyright (c) オフィス 地図豆 All right reserved.

©2014 Weblio RSS