島田 三郎とは?

島田三郎 しまだ さぶろう

島田三郎の肖像 その1
嘉永5年11月7日大正12年11月14日 (1852~1923)

東京生まれ。政治家。父は幕臣昌平坂学問所沼津兵学校大学南校大蔵省附属英学校で学ぶ。23歳のときに「横浜毎日新聞」の社員総代島田豊寛の養子となる。明治14年(1881)東京横浜毎日新聞社に入社23年(1890)第1回総選挙衆議院議員当選し、以後連続14当選27年(1894)衆院副議長大正4年(1915)同議長雄弁家として知られる。また、毎日新聞社長として廃娼運動足尾鉱毒事件取り上げるなどシャーナリストとしても知られている。

キーワード 政治家, ジャーナリスト
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 立法論綱. [1], [2], [3], [4] / ベンサム著 ; 島田三郎訳 律書房, 1878 <YDM30181>
  2. 通俗民権百家伝. [1], [2], [3] / 島田三郎抄訳, 萩原乙彦稲田佐吉, 明11.8 <YDM4755>
  3. 法律原論. [1], [2], [3], [4] / ヘンリ-・チ-・テリ-著 ; 島田三郎訳 律書房, 明12-13 <YDM30072>
  4. 民法論綱緒論 / ヂュモ-ン著 ; 島田三郎重訳書房, 明12.5 <YDM34486>
  5. 憲法論綱 / 賓雑吾(ゼルミ-・ベンサム)著 ; 佐藤覚四郎訳 ; 島田三郎閲 佐藤覚四郎, 明15.10 <YDM31535>
  6. 英国憲法史. [1], [2], [3], [4], [5], [6] / エルスキン・メ- ; 島田三郎, 乗竹孝太郎輿論社, 明16-21 <YDM31432>
  7. 近世泰西通鑑. [1], [2], [3], [4], [5], [6], [7], [8], [9], [10], [11], [12], [13], [14], [15], [16] / ト-マス・ヘンリ-・ダイア-著 ; 島田三郎等訳 輿論社, 明16-23 <YDM3572>
  8. 内地雑居論 / 島田三郎立案 ; 岡村太郎記 ; 大橋安次郎編 巌々堂, 明19.12 <YDM29677>
  9. 開国始末 / 島田三郎著 島田三郎, 1888 <YDM6373>
  10. 条約改正論 / 島田三郎著 博文堂, 明22.11 <YDM29643>
  11. 国会第一期ノ政治意見 / 島田三郎著 島田三郎, 明23.7 <YDM27824>
  12. 輿論ノ法廷ニ訴フ / 島田三郎述 ; 臼井喜代記 玉口真造, 明25.1 <YDM28417>
  13. 第四議会の経過 / 嶋田三郎毎日新聞社, 明26.4 <YDM28701>
  14. 東洋治安策 / 島田三郎, 鳥谷部銑太郎毎日新聞社, 明28.1 <YDM29556>
  15. 日本と露西亜 / 島田三郎著. 3版 警醒社, 明34.4 <YDM29588>
  16. 社会主義概評 / 島田三郎著 警醒社, 明34.10 <YDM39569>
  17. 如是我観 / 島田三郎著 警醒社, 明35.5 <YDM202720>
  18. 政界革新論 / 島田三郎述 笠井作三, 1907.7 <YDM300205>
  19. 禁酒は税源を拡む / 島田三郎述 銀座会館, 明42.2 <YDM301576>
  20. 禁酒の影響 / 島田三郎述 土浦禁酒会, 明43.11 <YDM60464>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

島田 三郎 (しまだ さぶろう)

1852〜1923 (嘉永5年大正12年)
政治家社会悪に、雄弁立ち向かうキリスト教的な人道主義労働問題献身
明治大正期政治家。父は幕臣鈴木智英。江戸生れ昌平坂学問所などに学び1873年明治6)「横浜毎日新聞」に入社自由民権論主張し、75年元老院出仕するが、明治14年の政変退官して立憲改進党参加90年第1回総選挙以降横浜から衆議院議員連続14当選した。この間洗礼を受けて、キリスト教人道的立場から廃娼運動足尾鉱毒事件労働組合結成などで貢献。その雄弁さと活動力は世論大きく影響した。

 年(和暦)
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 1才
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 3才
1858年 (安政5年) 安政の大獄 6才
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 8才
1862年 (文久2年) 生麦事件 10
1863年 (文久3年) 薩英戦争 11
1867年 (慶応3年) 大政奉還 15才
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 16才
1869年 (明治2年) 版籍奉還 17才
1871年 (明治4年) 廃藩置県 19才
1871年 (明治4年) 解放令 19才
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 21
1876年 (明治9年) 廃刀令 24
1877年 (明治10年) 西南戦争 25
1877年 (明治10年) 東京大学設立 25
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 30
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 31
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 37
1894年 (明治27年) 日清戦争 42
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 51
1904年 (明治37年) 日露戦争 52
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 55
1910年 (明治43年) 韓国併合 58
1918年 (大正7年) 米騒動 66
1923年 (大正12年) 関東大震災 71


 人物
徳川 家茂 1846年1866年 (弘化3年慶応2年) +6
Balz E. 1849年1913年 (嘉永2年大正2年) +3
星 亨 1850年1901年 (嘉永3年明治34年) +2
小泉 八雲 1850年1904年 (嘉永3年明治37年) +2
Conder J. J. 1852年1920年 (嘉永5年大正9年) 0
Eckeert Franz Von 1852年1916年 (嘉永5年大正5年) 0
高村 光雲 1852年1934年 (嘉永5年昭和9年) 0
明治天皇 1852年1912年 (嘉永5年大正元年) 0
Fenollosa E. F. 1853年1908年 (嘉永6年明治41年) -1
高橋 是清 1854年1936年 (安政元年昭和11年) -2
田口 卯吉 1855年1905年 (安政2年明治38年) -3
浅井 忠 1856年1907年 (安政3年明治40年) -4
高木 正年 1856年1934年 (安政3年昭和9年) -4
快楽亭 ブラック 1858年1923年 (安政5年大正12年) -6
田中 長兵衛 1858年1924年 (安政5年大正13年) -6

島田三郎

以下の映画島田三郎関連しています。


島田三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 17:25 UTC 版)

島田 三郎(しまだ さぶろう、1852年12月17日嘉永5年11月7日) - 1923年11月14日)は、日本の政治家ジャーナリスト官僚。幼名は鐘三郎、号は沼南。




  1. ^ 高橋昌郎、2003,20頁
  2. ^ 高橋昌郎2003年,129頁
  3. ^ 『官報』第3811号「叙任及辞令」1896年3月16日。
  4. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。


「島田三郎」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

島田 三郎に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「島田 三郎」の関連用語

島田 三郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

永田鉄山

郡司成忠

大東義徹

川上操六

小柴市兵衛

植村正久

大山巌

大久保一翁





島田 三郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2017 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島田三郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS