岩手山とは?

岩手山(岩手県)

 2038m 北緯3951分09秒 東経1410004秒 (岩手山)(三角点)  ※座標世界測地系による

岩手山地図岩手山
                                   (写真クリック拡大:328KB)

概要

 玄武岩安山岩SiO2 5060%)の西岩手(三重式)・東岩手(二重式)の2成層火山結合東岩手山の方が新しく外輪山火口縁の薬師岳本火山群の最高峰である。
 有史後の噴火は、西岩手山大地獄(現在も硫気活動活発)での小爆発1回のほかは、すべて東岩手山である。爆発噴火特徴であるが、溶岩流出多数認められる18世紀)。現在、薬師火口と同火口内にある妙高岳では、数箇所で弱い噴気認められる2004年)。 別名、南部富士岩手富士、岩鷲山、奥の富士山岳

最近1万年間の活動

 約7000前に東岩手火山山頂部が崩壊し、山頂部には馬蹄形火口形成された。この崩壊で、東麓平笠岩犀なだれ堆積物が広がった。その後、この馬蹄形火口内でマグマ噴火によって現在の薬師岳形成する噴火続いている。歴史に残る噴火は、17世紀以降であるが、地質調査では平安時代から江戸時代にかけて、小規模山体崩壊山頂噴火のあったことが確かめられている。また、7000年前以降西岩手山でも、やや規模大きな水蒸気爆発少なくとも4回発生している。文献記載され、また噴火規模について明らかにされているのは、1686(貞亨3)年の山頂噴火である。山頂御室火口マグマ水蒸気爆発始まり西根町玉山村滝沢村盛岡市にまで降灰があり、火砕サージ火山泥流発生した(土井19992000)。

記録に残る火山活動の記録

  過去の火山活動履歴

※「概要」及び「最近1万年活動」については日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)、「記録に残る火山活動」については前述活火山総覧及び最近観測成果による。

火山観測

 気象庁では、地震計5台、空振計1台、遠望カメラ1台を設置しています。また東北大学から地震計2点のデータ分岐を受けています。これらのデータ仙台火山センター常時伝送し、火山活動監視観測を行っています。
 このほか東北地方整備局カメラ映像分岐を受け、防災対応のため盛岡地方気象台表面現象把握を行っています。
 また年に1回の現地観測おこない赤外映像装置による地熱地帯状況噴気地帯状況等の把握を行っています。
   
  観測点配置図

火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や、火山活動診断結果掲載します。毎月1回、上旬公表します。
 最新号(2009年6月の火山活動解説資料(pdf:128kb)) (なお、2009年7月活動解説資料は、2009年8月7日発表予定です。)


岩手山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/30 01:59 UTC 版)

岩手山(いわてさん)は日本東北地方奥羽山脈北部にあり二つの外輪山からなる標高2,038mの複成火山岩手県最高峰であり、県のシンボルの一つとされている[4]日本百名山に選定されている[5]




[ヘルプ]
  1. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2014年7月12日閲覧。 “基準点コード TR15941602001”
  2. ^ 日本の主な山岳標高:岩手県(国土地理院、2010年12月28日閲覧)
  3. ^ a b 岩手山の火山活動解説資料(平成23年10月) (PDF)”. 気象庁. 2011年11月14日閲覧。
  4. ^ 岩手山調査隊:人間と火山の関係国土交通省東北地方整備局
  5. ^ 『日本百名山』深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4
  6. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  7. ^ 十和田八幡平国立公園区域の概要”. 環境省. 2011年11月14日閲覧。
  8. ^ 加藤武雄・佐藤五郎「岩手火山の火口湖『御釜湖』、『御苗代湖』に関する湖沼学的研究」206-209頁、宮川善造・編『奥羽山脈の研究』、現代地理学研究会、1988年所収。
  9. ^ {{PDFlink千田良道、小菅正裕:1998 年岩手県内陸北部地震(M6.1)の破壊開始点近傍の反射面}}
  10. ^ 昭和23年1月1日の新岩手日報(現・岩手日報)に掲載。次の書籍にも収録されています。高村 光太郎、1994、『高村光太郎全集 第三巻』、筑摩書房 また、次のリンク先にも全文掲載しています。岩手山の肩


「岩手山」の続きの解説一覧

岩手山

出典:『Wiktionary』 (2008/05/04 12:45 UTC 版)

固有名詞

いわてさん

  1. 岩手県位置する活火山標高は2038mであり、岩手県最高峰でもある。東北地方では4番目に標高が高い。





岩手山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岩手山」の関連用語

岩手山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

赤城山

伊豆東部火山群

由布岳

摩周

安達太良山

口之島

若尊

神津島





岩手山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩手山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの岩手山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS