岩倉具視とは?

いわくらともみ いはくら- 【岩倉具視】 ○

1825~1883公卿政治家京都の人。初め公武合体に努め,のち,討幕運動参加維新後右大臣となり,特命全権大使として欧米視察帰国征韓派を退け内治優先天皇制確立政策遂行

岩倉具視 いわくら ともみ

岩倉具視の肖像 その1
岩倉具視の肖像 その2
文政8年9月15日明治16年7月20日 (1825~1883)

京都生まれ公卿、政治家。父は権中納言堀河康親岩倉具慶養嗣子安政元年(1854)孝明天皇侍従となる。5年(1858)日米修好通商条約勅許奏請に対し、阻止をはかる。公武合体派として和宮降嫁推進、「四奸」の一人として尊皇攘夷派から非難され、慶応3年(1867)まで幽居以後討幕へと転回し、同年12月大久保利通らと王政復古クーデター画策新政府において、参与議定大納言右大臣等をつとめる。明治4年(1871)特命全権大使として使節団伴い欧米視察欽定憲法制定方針確定し、また皇族華族保護に力を注いだ。

キーワード 公家・旧大名, 政治家
号・別称 対岳
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 都気能雄久志 / 岩倉具視編 柴田昌長, 明18.5 <YDM85384>
  2. 岩倉贈太政大臣集. [1], [2] / 岩倉具視著 岩倉具定, 明19.7 <YDM85625>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

岩倉具視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/28 01:06 UTC 版)

岩倉 具視(いわくら ともみ、文政8年9月15日1825年10月26日) - 明治16年(1883年7月20日)は、日本公家政治家雅号は対岳。謹慎中の法名は友山。補職・位階勲等は、贈太政大臣正一位大勲位維新の十傑の1人。




[ヘルプ]
  1. ^ ただし石高では岩倉家と同程度の家が大多数であり、それ以下の石高の家もたくさんあった
  2. ^ 岩倉家の始祖岩倉具堯の子の開基による寺
  3. ^ この時期、岩倉の朝廷及び公家社会の現状に対する不満が強かった。この頃書かれた「極密語」と銘打った文章において、天下混乱の最大の原因は孝明天皇にあるとして、天皇は天下へ謝罪した上で自ら政治の刷新をすべきと論じている(『岩倉具視文書』巻一P264)。また、「続叢裡鳴虫」の中で公卿たちは武威に押されて定見が無く、他人の説を鵜呑みに付和雷同して互いを誹謗するのみの軽薄な存在であるとし、安政5年以後で真に国事に尽くした公卿は自分以外には中山忠能・正親町三条実愛・大原重徳だけだと断言している(『岩倉具視文書』巻一P179・180)。
  4. ^ ただし協力していた藩士が少なからずいたというだけで薩摩藩そのものが協力していたかどうかは不明。少なくとも薩摩藩首脳の大久保利通はこの計画に懐疑的であった。
  5. ^ 原口清の『孝明天皇は毒殺されたのか』によると孝明天皇の死因が天然痘であることは病理学的にも明白で毒殺はあり得ないとしており、この著作の登場以降、多くの歴史学者がこれを支持するようになり、現在では否定説が通説である。詳細は孝明天皇#崩御にまつわる疑惑と論争を参照
  6. ^ 慶長の禁教令から続くキリスト教の禁教及びそれに伴う浦上四番崩れに代表される凄惨かつ非人道的な宗教的迫害が行われていた事が欧米諸国に知れ渡っていた事が要因である。
  1. ^ a b c d 岩倉公実記
  2. ^ 岩倉右大臣を喰違外に刺す 新聞集成明治編年史第二卷、林泉社、1936-1940
  3. ^ 『官報』第20号、「賞勲敍任」1883年7月24日。p.3
  4. ^ 岩倉具視の隠れ家、再公開[リンク切れ]朝日新聞デジタル 2013年6月5日閲覧
  5. ^ 沿革・校歌 - 学校概要 岩倉高等学校


「岩倉具視」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

岩倉具視に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岩倉具視」の関連用語

岩倉具視のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

浜口雄幸

横山大観

鈴木喜三郎

黒岩涙香

東郷茂徳

曾禰荒助

福地源一郎

加藤友三郎





岩倉具視のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2016 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩倉具視 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS