山陰中央テレビジョン放送とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 日本民間放送連盟会員 > 山陰中央テレビジョン放送の意味・解説 

山陰中央テレビジョン放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/18 11:28 UTC 版)

山陰中央テレビジョン放送株式会社(さんいんちゅうおうテレビジョンほうそう、San-in Chuo Television Broadcasting Co., Ltd.)は、島根県松江市に本社を置き、島根県と鳥取県山陰地方)を放送対象地域とするテレビジョン放送特定地上基幹放送事業者である。




  1. ^ TSK、ガス局跡購入へ - 47NEWS
  2. ^ ガス局跡地等の活用事業者の決定について
  3. ^ エリハチ☆|アナウンサーブログ|TSK 山陰中央テレビ
  4. ^ 既に「ヤッホー!」の天気予報コーナーは新社屋にある大橋川沿いのテラスからの中継であった(その時点での現社屋だった西川津町は基本的に住宅地である)。
  5. ^ TSK山陰中央テレビ新社屋完成しました!
  6. ^ 両県の民放で代表電話番号がチャンネル番号と同じなのはTSKのみであり、それどころかフジテレビ系列全局を以てしても本社の代表電話番号が「8888」なのは向島町移転後のTSKの他には共にアナログ親局が8chだったフジテレビと関西テレビだけである。
  7. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、386頁。
  8. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、395頁。
  9. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、372頁。
  10. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年12月、268頁。
  11. ^ a b 山陰中央テレビジョン放送 代表取締役社長
  12. ^ a b c 山陰中央テレビジョン放送 非常勤取締役
  13. ^ 山陰中央テレビジョン放送 監査役
  14. ^ TSKによる社史発行はこれを最後に行われていない。
  15. ^ TSKの4か月後にBSSが開始。更にその約8か月後にNKTが開始するが、NKTの開始はTSK開始から1年経過するわずか4日前だった。
  16. ^ 前述の社名変更時に制定したロゴタイプをマイナーチェンジしたもの。
  17. ^ 国内有数の山林地主「長右衛門」襲名 田部家25代当主の真孝氏、16年もの「空席」経て - 産経WEST
  18. ^ アナログ停波当日はFNS27時間テレビが放送されていたため。
  19. ^ TSKと同じフジテレビ系列だが開局はTSKの方が先(TSS開局は1975年10月)。
  20. ^ 開局45周年記念 ぷりっとプリン ただいま発売中!!|イベント・エンタメ|TSK 山陰中央テレビ
  21. ^ NKTとBSSは開局記念期間後に元のウォーターマークに戻している。
  22. ^ テレビってザワザワキャンペーン”. テレビってザワザワキャンペーン事務局. 2016年10月1日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山陰中央テレビジョン放送」の関連用語

山陰中央テレビジョン放送のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

衝突安全ボディ

バリッシャー石

クイーンアラベスク・タイガープレコ L260

MEDIAS PP

カルテット・アイスクリーム

EX-Z77

テングギンザメ

8000系





山陰中央テレビジョン放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山陰中央テレビジョン放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS