山本達雄とは?

山本 達雄 (やまもと たつお)

山本 達雄

氏 名
就 任
退 任
出身県:
山本 達雄 (やまもと たつお
明治31.10.20
明治36.10.19
大分県

 山本達雄は安政3年1856年)に豊後臼杵藩の子として大分県生まれました。三菱商業学校卒業後、岡山商法講習所教頭などを経て入社した郵便汽船三菱会社川田小一郎当時三菱会社最高幹部、後の第3代日銀総裁)の知遇得て日本銀行に転じました。営業局長として日清戦争中の国債公募成功させたほか、明治29年ロンドン派遣され、日本金本位制移行する際の基盤ともなった清国からの賠償金運用監督するという重責担いました。

 明治31年43歳の若さで第5代日本銀行総裁就任してからは、急速な産業近代化に伴う恒常的輸入超過によって正貨準備が不足することを防ぐため、金融引き締め国内需要抑制を図る一方当時政府による日銀借り入れ累増傾向にあったことに対し、兌換制度維持民間金融逼迫回避といった観点から対政府融資額に上限定めるよう主張するなど、毅然とした態度金融政策運営したことが知られています。

 明治36年総裁辞任した後、貴族院議員第2次西園寺内閣大蔵大臣のほか、農商務大臣などを歴任し、昭和22年92歳という高齢亡くなりました。

出典広報誌にちぎんクオータリー1999年冬季号)』)

山本達雄

読み方やまもと たつお

財政家政治家男爵豊後生。号は竹渓教職経て三菱会社に入るが、その後日本銀行入り日本銀行総裁等を務める。政界に入ってからは、西園寺内閣大蔵大臣農商務大臣歴任し、政友本党民政党最高幹部務める。一時政界引退した事もあったが、斎藤内閣内務大臣となる等、政界長老存在として重きをなした。昭和22年(1947)歿、92才。

山本達雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/02/01 07:45 UTC 版)

山本 達雄(やまもと たつお、人名)




「山本達雄」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山本達雄」の関連用語

山本達雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

三島彌太郎

深井英五

結城豊太郎

速水優

白川方明

渋澤敬三

一萬田尚登

富田鐵之助





山本達雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本銀行日本銀行
Copyright 1996-2017 Bank of Japan All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山本達雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS