小人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 小人の意味・解説 

こ びと [0] 【小人】

身長きわめて低い人。侏儒(しゆじゆ)
童話物語などにでてくる体の小さ想像上の人間や妖精
武家で,雑用に使われた身分の低い人。
江戸時代幕府や藩で雑役従事した者。小者

しょう じん せう- [0] 【小人】

幼い人。こども。 → しょうにん
器量小さい人人徳のない人。小人物
身分の低い人。こもの。 「 -の家のむすめ,慎みて身をもてかろがろしく人にゆるす事なかれ/十訓 5
男色関係で,若衆美童。 「 -,気の毒ここにきはまり/浮世草子一代男 1
こびと。

しょう にん せう- [0] 【小人】

子供少年入場料乗車賃などを示す場合小学生以下をいう。 → 大人だいにん中人(ちゆうにん)しょうじん(小人)


小人

読み方:コビト(kobito)

江戸幕府諸藩職名幕府では五役と称される軽輩


しょうじん 【小人】

中国で「君子」の反対語で、小者奴僕などをさす語。『論語陽貨篇』に「女子と小人とは養い難し」。(日本では少年の称)

小人

作者橋本

収載図書ショートショートの広場 3
出版社講談社
刊行年月1991.6
シリーズ名講談社文庫


小人

作者河村和男

収載図書展覧会の絵
出版社新風舎
刊行年月2004.7


小人

作者ヘルマン・ヘッセ

収載図書ヘルマン・ヘッセ全集 9 メールヒェン・物語集71919-1936
出版社臨川書店
刊行年月2005.6


小人

作者村上健司

収載図書幽霊学級―しんみみぶくろ 5
出版社メディアファクトリー
刊行年月2008.7
シリーズ名幽ブックス


小人

読み方:ちっくり

  1. 刑事其他警察官吏ニ対シ他人不正行為密告スルヲ云フ。〔第四類 言語動作
  2. 不正行為警官密告すること。或は密告者のこと。
  3. 密告すること。前橋横浜
  4. 密告。〔掏摸
  5. 密告密告を「さす」といい、「刺す」に通ずるところから。〔不〕
  6. 不正行為警官密告すること。或いは密告者

分類 不、掏摸

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/23 11:13 UTC 版)

小人(こびと)




「小人」の続きの解説一覧





小人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「小人」の関連用語

小人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

正法寺川北沢第三号石堰堤

悪路走行耐久試験

スペースシャトルのペイロード・ベイ

沖縄海岸国定公園

菊池渓谷自然休養林

キハ2100形

デイノニクス・アンティルロプス

7000系





小人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS