小さ刀拵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > 小さ刀拵の意味・解説 

小さ刀拵(ちいさがたなこしらえ)

現代では一般に鐔をかけた打刀風の短刀拵の様式を小さ刀拵と呼んでいるが、古文献を見てもその定義は定まっておらず研究余地もあろうかと思われる江戸時代文献貞丈雑記によれば拵の全長一尺前後、柄は出し鮫皮で鐔を入れず鞘尻直に切るとある。また東京国立博物館研究によると、脇差寸法があり、小振りの鐔をかけて打刀同様の金具小柄笄)を備え鞘尻直に切ったものとされている。いずれも鎌倉時代より記録見られる腰刀変形であり、平常時に武士の身を護る懐刀の意味があった。現代でも合口と共に短刀小脇差代表的な拵様式として人気が高い。





小さ刀拵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「小さ刀拵」の関連用語

小さ刀拵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




小さ刀拵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2014 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2014 Weblio RSS