家紋透図大小鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 家紋透図大小鐔の意味・解説 

家紋透図大小鐔

陸奥国江戸後期
磨地撫角形陰透打返
大縦八五・五ミリ横七九・五ミリ
切羽厚さ四・二ミリ
小縦七四・ミリ六八ミリ
切羽厚さ三・八ミリ
上製大小落込桐箱
南部家装具集』所載
緻密に詰んだ地をわずかに膨らみ感じられる撫角形に造り込み表面を磨地に仕上げて耳を打ち返し総体にすっきりと締まった造形とし、家紋陰に透し緊張感満ち清潔感のある美観を呈した作。透し切り口鋭くしかも繊細四ツ菱紋には極めて細い糸透しも加えられており技術的な面も魅力となっている。これほど入念鍛えられた地にコンマミリ程の透かし陰陽施し技量には驚きを隠せない。本作がっしりとして武張った感があり、大小拵に掛けて迫力増大するであろう。孝家(たかいえ)は本作のごとく家紋表わすを得意とした工である。
家紋透図大小鐔




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「家紋透図大小鐔」の関連用語

家紋透図大小鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

帰雁水月図鐔

白鳥図小柄

鰹図小柄

源氏香透図鐔

愛宕飛脚図鐔

猛虎図目貫

松樹図鐔

草図小柄





家紋透図大小鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS