官務とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 業務 > 官務の意味・解説 

かん む くわん- [1] 【官務】

官庁業務。また,官吏職務。 「 -に従事する」
平安時代以降太政官弁官局左右大史の称。転じて大史世襲した小槻(おづき)家の称。

官務

読み方:カンム(kanmu)

律令制下の左右弁官局職務


官務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/18 19:57 UTC 版)

官務(かんむ)とは、太政官弁官局中の最上首。通常は五位の位階に叙せられた左大史大夫史[1])がこれにあたる。


  1. ^ 史大夫という呼称もあるが、これについて史大夫は大夫史の別称とする橋本義彦の見方と、同じ五位の史でも官文殿の管理責任者を務める者を大夫史、それ以外の者は史大夫と呼ばれ、小槻氏が文書管理を専任するようになると同氏のみが大夫史を名乗れるようになったとする曽我良成の見方がある。
  2. ^ 六位が官位相当であった史は、毎年の除目において年労が多い者1名が巡爵の一種である「史巡」によって五位の受領に任ぜられるのが慣例とされていたが、寛平年間の壬生望材以降(二中歴)、五位の左大史が任ぜられるようになった。
  3. ^ 職原鈔
  4. ^ 当時、道長が信頼する家司丹波奉親が大夫史を務めており、左大史2名の先例も存在していたとはいえ貞行の昇進は丹波奉親の立場を揺るがすものであった。
  5. ^ 後二条師通記寛治6年2月18日条
  6. ^ 特に12世紀に入ると、小槻氏の氏長者による左大史世襲は、除目大間書に「父譲」として明記される形で公認されることになる(『中右記康和5年2月30日条)。


「官務」の続きの解説一覧





官務と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「官務」の関連用語

官務のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ツルシギ

ティーボール

チシマザサ

脇割り

WS004SH

びるご

たけひきのこ

スクロール





官務のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの官務 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS