宇宙背景放射とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 放射 > 宇宙背景放射の意味・解説 

う ちゅうはいけいほうしゃ -ちう -はうしや [8] 【宇宙背景放射】


宇宙背景放射

ビッグバン宇宙理論を支える絶対温度3度Kのマイクロ波

1965年アメリカベル電話研究所電波科学ペンジャスウィルソンは、宇宙あらゆる方向からやってくるマイクロ波電波雑音をとらえました。これが宇宙背景放射で、波長1ミリメートルあたりがもっとも強く、そのスペクトル絶対温度3(3K)、つまり-270黒体放射でした。その後、この放射は非常に高い精度一様、かつ等方的で、とびぬけて大きエネルギーを持つことがわかりました。このことは、とても密度が高く熱いものだった昔の宇宙がその膨張につれて温度が下がり、3Kまで冷えたと解釈できることから、ビッグバン宇宙論支持する論拠となっています。

探査機コービーが温度のゆらぎを発見

1989年11月NASA(アメリカ航空宇宙局)は宇宙背景放射を電波望遠鏡正しく測定するために探査機コービー(COBE)を打ち上げました。1992年4月公表された観測結果によると、背景放射絶対温度は2.735Kであり、黒体放射からのずれは1/1,000以下であることが明らかになりました。また、コービー背景放射異方性(空間的ゆらぎ)の測定行い10度離れ方向からの強度差は、温度換算して1/10違い(ゆらぎ)であることを発見しています。

約150億年の移動で光の温度は3,000Kから2.735Kに

前述のように、ビッグバン直後宇宙は非常に高温でしたが、宇宙の急激な膨張温度が下がりました。その温度が3,000Kになった時点で、それまで高温のために伝播できなかった光子あらゆる方向伝播できるようになった考えられています。つまり、この時期放出され、約150億年かけて到達した光を、私たちは現在観測しているわけです。3,000Kあった温度は、光の移動の間に2.735Kまで下がったと計算されています。


宇宙マイクロ波背景放射

(宇宙背景放射 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/17 20:13 UTC 版)

宇宙マイクロ波背景放射(うちゅうマイクロははいけいほうしゃ、cosmic microwave background ; CMB)とは、天球上の全方向からほぼ等方的に観測されるマイクロ波である。そのスペクトルは2.725K黒体放射に極めてよく一致している。




「宇宙マイクロ波背景放射」の続きの解説一覧





宇宙背景放射と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

宇宙背景放射に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宇宙背景放射」の関連用語

宇宙背景放射のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

衛星放送

スペースシャトル

STS-91

ジェームズ・D・ウェザビー

種子島宇宙センター

小惑星帯

月探査

NASAの月面基地計画





宇宙背景放射のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙マイクロ波背景放射 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS