孟子とは?

もうし まうし 【孟子】

○ (前372~前289 中国戦国時代思想家。名は軻(か),字(あざな)は子輿(しよ)・子車。孔子思想継承祖述してを残す。諸国遊説したがいれられず,故郷の鄒(すう)山東省)で門人教育にあたった。仁や孝悌重んずるとともに性善説に基づいた王道政治を説き,富国強兵覇道であるとして反対した。後世,「孔孟」と並称される。 → 孟母三遷の教え孟母断機の教え
〔「もうじ」とも〕 中国戦国時代中期思想書。七編。言行をその弟子たちが編纂へんさんしたもの民生安定徳教による感化中心とする王道政治主張し,また性善説に基づく道徳論・修養論を展開している。その文章議論体の古文模範とされる四書の一で,儒教必読書とされた。

もうし 【孟子】

古くはモウジとも)儒家孟子が孔子の道を祖述して仁義を説き、また遊歴の時、諸侯弟子問答したことを記した書。恵王公孫丑・文公離婁章・告子・尽心の七編から成る諸子一人にすぎなかった孟子のこの著を経書にまで昇格させたのは後代宋儒で、宋の朱子は、この著を『論語』と並べ、これに『大学』『中庸』を合して「四書」と称し尊重した。→ 孟子(前項

孟子

読み方:モウコ(mouko)

所在 和歌山県海南市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

孟子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/03 16:55 UTC 版)

孟子(もうし、紀元前372年? - 紀元前289年)は戦国時代中国儒学者は不詳、(か)、子輿(しよ)。亜聖(あせい)とも称される。孟子の「子」とは先生というほどの意。儒教では孔子に次いで重要な人物であり、そのため儒教は別名「孔孟の教え」とも呼ばれる。




  1. ^ 『孟子「梁恵王篇」』による
  2. ^ 『孟子「公孫丑篇」』による
  3. ^ 『孟子「公孫丑篇」』
  4. ^ 現代中国語では、「孟子」は「モンズー Mèngzǐ」、『毛詩』は「マオシー Máoshī」と発音するため、混同はない。
  5. ^ 趙岐『孟子題辭』「是ニ於テ退キテ高弟弟子公孫丑・萬章ノ徒ト、疑ヲ難キ問ニ答ヘシ所ヲ論集シ、又自ラ其ノ法度ノ言ヲ撰ビ、書七篇二百六十一章・三萬四千六百八十五字ヲ著ハス。」
  6. ^ 小林勝人 『孟子』下、岩波文庫1972年に引く武内義雄「孟子について」pp.454-457。
  7. ^ 小川剛生「南北朝期の『孟子』の受容の一様相-二条良基とその周辺から」(『国文学研究資料館紀要』28号(2002年2月)、所収:『二条良基研究』(笠間書院、2005年) ISBN 978-4-305-10362-8 第四篇第三章第二節「孟子の受容」)
  8. ^ 『童子問』第三章、「天下ノ理、語孟二書二到リテ盡ク。復(また)加ウベキコト無シ。疑フ勿カレ。」
  9. ^ 同第七章「學者孟子ヲ熟讀セズンバ、必ズ論語ノ羲ニ達スルコト能ハズ。蓋シ論語ノ津筏ナリ。」


「孟子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

孟子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「孟子」の関連用語

孟子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

一升瓶包み

マダラウミウシ

膳所焼美術館

スツール

モッツァレラ

ケーシング

すき

行方尚史





孟子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孟子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS