契約自由の原則とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 法律関連用語 > 契約自由の原則の意味・解説 

契約自由の原則(けいやくじゆうのげんそく)

民法基本用語に関わる用語

社会生活において個人は、国家干渉を受けることなく、自己の意思基づいて自由に契約締結し、私法関係を規律することができるという、近代法原則。「自由に契約締結する」ことの内容としては、誰と契約をするか、契約内容をどうするか、その形式どのようにするか、といったことが含まれている。契約当事者立場対等なければこの原則は有効に機能しないため、現代では、例え借地借家法借主一方的に不利な特約無効にするなど、特別法による修正加えられていることが多い。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

契約自由の原則

「契約自由の原則」とは、個人契約関係は、契約当事者の自由な意思基づいて決定されるべきであり、国家干渉てはならない、という原則のこと。
「契約自由の原則」は、契約関係を結ぶ相手方選択の自由契約内容に関する内容の自由、契約方式の自由の3つで構成される。特許ライセンス契約においても、「契約自由の原則」に基づき当事者間で合意を得ながら契約事項決定していく。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

契約自由の原則に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「契約自由の原則」の関連用語

契約自由の原則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

向島用水

レッド・ミッキーマウス・ピンテール・プラティ

KTR700型

のみ

WS018KE

S-651

8000系

金属プレス





契約自由の原則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2017 Houterasu All rights reserved.
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS