夫婦交換・とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 夫婦交換・の意味・解説 

夫婦交換

原題:The Wife Swappers
製作国:イギリス
製作年:1970
配給:セレクト
スタッフ
監督:Derek Ford デレク・フォード
製作:Stanley Long スタンリー・ロング
脚本:Derek Ford デレク・フォード

Stanley Long スタンリー・ロング
撮影:Mike Francis マイク・フランシス

Trevor Brooker トレヴァー・ブルーカー
音楽:John Fiddy ジョン・フィディ
キャスト(役名
James Donnelly ジェームズ・ドネリー (Paul
Valerie St. John ヴァレリー・セント・ジョン (Ellen
Larry Taylor ラリー・テイラー (Leonard
Denys Hawthorne デニス・ハウソーン (Cliff
Joan Hayward ジョーン・ヘイワード (Jean
解説
性の解放伴なう多彩なグループ・セックス形態一つ、「夫婦交換」の実態を描く。製作はスタンリー・ロング監督デレク・フォード脚本スタンリー・ロングデレク・フォード撮影マイク・フランシストレヴァー・ブルーカー音楽ジョン・フィディ各々担当出演は、ジェームズ・ドネリーヴァレリー・セント・ジョンラリー・テイラーデニス・ハウソーンジョーン・ヘイワードなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
エレン(V・ジョン)は裕福家庭主婦である。事業家として成功している夫と子供たち恵まれ階級典型的な妻である。ある日帰宅したポール(J・ドネリー)から友人レオナード(L・テイラー)と妻のジーン(J・ヘイワード)を夕食招待すると言われ、さらに今夜、夫婦交換パーティを開くということを聞かされて、困ってしまった。しかし、エレンポールには性的不満が介在し・ジーンレオナードも同様であった。その夜夕食後のストリップ・ポーカーが済むと金髪のジーン積極的にポール誘いかけ、レオナード当惑しているエレン気分をほぐしながら、やがて二組は各々別室に入って行った。この夜の初体験ポール夫妻新しい性の境地の味を覚えさせ、二人性的関係改善されていった。夫婦交換は総て階層に及び、さまざまな夫婦が、パーティ押しかけ、新し知識得ては性を享受ていった。ビシネスの点からいえば、夫婦交換で最大利益得ているのはパーティ取材する雑誌である。未知テクニック求めて多く夫婦争って買うからである。しかし夫婦交換は恐喝を受け易い条件揃えている。そこで男女眼のマスクをしてゲーム行なうが、それでも翌日突如脅迫電話がかかることがある。しかし味をしめた夫婦は、恐喝など意に介せず、更に密度の濃いパーティへとエスカレートしていってしまう。そんなパーティでも、突然、感情爆発させて、夫婦交換の野獣性を指摘して演説をぶち、敢えて離婚覚悟ゲーム嫌悪する女性中にはいる。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

夫婦交換・に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「夫婦交換・」の関連用語

夫婦交換・のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




夫婦交換・のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2014 Weblio RSS