太平記とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 太平記 > 太平記の意味・解説 

たいへいき 【太平記】

軍記物語。四〇巻。作者小島法師説が有力。いくつかの段階経て南北朝時代末までに成立仏教因果応報思想基礎にある。慶長(一五九六一六一五)頃刊行註釈書『太平記鈔』は世雄房日性の著かといわれる

太平記


太平記〈吉川元春筆/〉

主名称: 太平記〈吉川元春筆/〉
指定番号 1995
枝番 00
指定年月日 1959.12.18(昭和34.12.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 各冊自永禄六年至同八年書写奥書
員数 40
時代区分 室町
年代 1563~65
検索年代
解説文: 室町時代作品

太平記

主名称: 太平記
指定番号 2063
枝番 00
指定年月日 1962.02.02(昭和37.02.02)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 13
時代区分 室町
年代
検索年代
解説文: 室町時代作品
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  太上業報因縁経  太平記  太平記  太平記  太平記拔書 吉利支丹版  打聞集  退耕徳寧墨蹟

太平記

作者清水義範

収載図書日本文学全集
出版社実業之日本社
刊行年月1992.10

収載図書普及版 日本文学全集 第1集
出版社集英社
刊行年月1996.2
シリーズ名集英社文庫


太平記

読み方:タイヘイキtaiheiki

初演 元禄12.5(大坂)


太平記


太平記


太平記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/21 04:59 UTC 版)

太平記』(たいへいき)は、日本の古典文学作品の1つである。歴史文学に分類され、日本の歴史文学の中では最長の作品とされる[1]




  1. ^ 龍谷大学図書館蔵『太平記』の研究
  2. ^ 大隅和雄『事典の語る日本の歴史』(そしえて)第5章『太平記』
  3. ^ 岩波文庫『太平記』解説・480頁
  4. ^ 龍谷大学図書館蔵『太平記』の研究
  5. ^ 龍谷大学図書館蔵『太平記』の研究
  6. ^ 新潮古典文学アルバム14 太平記(新潮社) 92頁







太平記と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「太平記」の関連用語

太平記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

藪蛇苺

惑星の組成

ペーパードリップ

水マンガン鉱

東西線50系車両

おれんじHOPE

タラノキ

富士箱根伊豆国立公園





太平記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太平記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS