太宰府天満宮とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 寺社仏閣 > 神社 > 太宰府天満宮の意味・解説 

だざいふてんまんぐう 【太宰府天満宮】

福岡県太宰府市にある神社祭神菅原道真を葬った安楽寺の跡であるといわれ,京都北野神社並び学問の神として参詣者が多い。旧称太宰府神社

だざいふてんまんぐう 【太宰府天満宮】

福岡県太宰府市にある旧官幣中社菅原道真をまつる。天満天神菅公霊廟とも。京都北野天満宮と共に菅公をまつる根本社。菅公没後侍臣味酒安行死地埋葬し(榎寺)、九〇五(延喜五)年祠廟が建てられた。間もなく御墓寺の安楽寺も建ったが同寺は明治神仏分離令発布までは天満宮同体だった。学業の神として受験生祈願が盛ん。名所例祭八月五日本殿国宝。→ 榎寺

太宰府天満宮

読み方:ダザイフテンマングウ(dazaifutenmanguu)

別名 宰府天神

教団 神社本庁

所在 福岡県太宰府市

祭神 菅原道真

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

太宰府天満宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/18 23:56 UTC 版)

地理院地図 Googleマップ 太宰府天満宮




[ヘルプ]
  1. ^ 安楽寺については菅公薨去の後に開創された寺とも、それ以前からあった寺とも説かれ、また「庿」(广に苗の字・環境によっては表示されない)の字は、「廟」字が朝廷の「朝」の字を含むものであったために置き換えられた字であるという。
  2. ^ 岡田『神社』。
  3. ^ 太宰府天満宮、鬼すべ神事
  4. ^ 太宰府天満宮とアートの歴史”. 太宰府天満宮. 2015年11月3日閲覧。
  5. ^ 当初指定時(1982年)の員数は「75巻、25冊、1幅、26通」であったが、1986年に員数が変更され「78巻、25冊、1幅」となっている。(昭和57年6月5日文部省告示第98号および昭和61年6月6日文部省告示第90号
  6. ^ ニッカウヰスキー(旧協和発酵アサヒ協和酒類製造)門司工場製。梅の実は境内で収穫し御祓いを受けたものを使い、これを焼酎のラインで梅酒として製造する。
  7. ^ 西高辻信貞『太宰府天満宮』、学生社、昭和45年ISBN 4-06-201196-4。
  8. ^ 平成19年(2007)の正月三が日参拝者数は201万人であった。
  9. ^ このため、参道に並ぶ多くの店ではハングル文字を記した商品メニューを用意しており、韓国人を主対象とした免税店も参道に開店している。
  10. ^ 「水城・大野城築造 竈門神社創建1350年 九州国立博物館 開館10周年 日本遺産認定記念 ももクロ男祭り2015 in 太宰府」の様子”. 音楽ナタリー. 2015年11月3日閲覧。


「太宰府天満宮」の続きの解説一覧





太宰府天満宮と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

太宰府天満宮に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「太宰府天満宮」の関連用語

太宰府天満宮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series SH-02A

亀甲竹

ホワイトスティルトン・マンゴー&ジンジャー

サンシキウミウシ

山寺の蝉

ステー

おれんじHOPE

字牌





太宰府天満宮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太宰府天満宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS