天神川とは?

天神川

コハクチョウがやって来る天神川
天神川は、その源を鳥取県東伯郡三朝町津黒山(標高1,118m)に発し、福本川加谷川三徳川の小支川合わせて北流し、倉吉市において小鴨川合流後、北栄町湯梨浜町において日本海に注ぐ、幹川流路延長32km、流域面積490km2一級河川です。

倉吉市中心部を流れる天神川
倉吉市中心部を流れる天神川

河川概要
水系天神川水系
河川天神川
幹川流路延長32km
流域面積490km2
流域内人65,500
流域関係都県鳥取県

天神川流域図
○拡大図
1.天神川の歴史
"天神川は鳥取県中部暴れ川呼ばれており、度々の氾濫河道位置大きく変えてきました。
この河道現在のように直接日本海流入するようになったのは元文年間河口開削工事よるもので、この工事によって永年の間、住民多大辛苦与え続けた天神川下流部の河道変遷終止符が打たれました。"

暴れ川とのたたかい

(天神川の概要
天神川は鳥取県中部位置する河川であり、その源を標高1,118mの津黒山(つぐろせん)に発し、途中で本川同程度流域を持つ小鴨川国府川(こうがわ)等の支川合わせながら北流し、倉吉市街地を貫流して日本海に注いでいます。

(天神川下流部の河道変遷について)
天神川は流域住民豊かな恵みをもたらしてきたと同時に、「中部暴れ川」との呼ばれてきたように、災害発生しやすい特性を持った川でもありました。
天神川変遷略図(「天神川洪水誌」より) 東郷庄絵図
天神川変遷略図(「天神川洪水誌」より)東郷絵図


古くから天神川は度々の氾濫河道位置大きく変えており、「天神川変遷略図によれば、最も古い図では天神川本川(旧竹田川)と小鴨川国府川別の河川として描かれています。
また、正嘉2年(1258)の「東郷絵図」では、天神川と考えられる河川東郷池から流れ出て橋津川合流しています。
その後天文13年(1544)の洪水まで天神川は小田(こだ)付近分かれ本流北条村長瀬村の間を流れ支流北条南端から由良川に注いでいたもの考えられています。(この年の「天文洪水」は小鴨川河道大きく変え、現在の倉吉市田内において見日千軒(みるかせんげん)と呼ばれた城下町一瞬のうちに押し流し下流北条平野泥沼と化した大水害です。なお、見日千軒人々が難を逃れ移りんだのが現在の倉吉の地であると言われています。)
この河道が、現在のように直接日本海流入するようになったのは、元文年間(1736-40)の河口開削工事よるもので、「天神川変遷略図」によると掘割東村右衛門設計し、米村所平が施工したとされています。 これは北野天満宮がある天神山から東方長瀬へ続く通称石山さん」と呼ばれる安山岩の岩を撤去して今日流路を作ったもので、この時以後天神山の名から天神川と呼ばれるようになりました。
この工事によって、永年の間、住民多大辛苦与え続けた天神川下流部の河道変遷終止符が打たれ、現在に至っています。(ただし、「鳥取県郷土史によれば寛文年間(1662-72)にも郡代由宇勘平によって長瀬の東を流れていた天神川を現在の河道移したとあり、この工事元文年間河口開削工事との関係は不明とされています)
(天神川の直轄施工
天神川においては河口開削工事の他にも様々な治水工事が行われてきましたが、
室戸台風後の惨状
室戸台風後の惨状
本格的改修計画立案されたのは大正10年に「大正11年以降20ヶ年以内改修すべき河川」に指定されてからでした。
しかし、第1次世界大戦後不況関東大震災による財政緊縮の必要から工事には全く手が着けられていなかったところ、昭和9年9月室戸台風大災害発生し、天神川流域壊滅的被害を受けてしまいました。
昭和10年頃の河川改修風景
昭和10年頃の河川改修風景
この大災害目の当たりにした地元住民鳥取県、関係市町村はその復旧を国の直轄事業とするように働きかけ、その結果昭和9年12月内務省大阪土出張所天神川改修事務所(今の中国地方整備局倉吉河川国道事務所前身)が開設され、国による直轄改修事業着手されました。 また、この室戸台風災害を更に大きくした要因一つ支川小鴨川からの土石流であったことから、昭和11年からは天神川上流域において直轄砂防事業着手することにもなりました。 このようにして営々治水事業が行われた結果、天神川の堤防整備率は9割を越え全国的見て整備の進んだ川になっています。 (参考;「天神川の自然」藤島弘純編/富士書店
2.地域の中の天神川
"自然豊かな天神川は流域住民大きな恵み与えてきました。
また、堤防高水敷地域住民の身近な空間として親しまれおり、近年では水辺の楽校等の整備が進んだこともあり、水面水際部での環境学習や水遊び魚釣り等の利用増加傾向あります。"

流域住民憩いの場

利水
天神川水系には各所農業用水取水設備があり、現在約5,000haの農地かんがいしています。
中でも最も下流位置する北条砂丘畑地かんがい用水堰は、不毛の北条砂丘ブドウスイカ長芋ラッキョウ等を生産する砂丘畑へと生まれ変わらせました。
天神川のかんがい用水の他にも、上水発電用水としても利用されています。

河川空間利用
天神川の河川空間利用については、上流から竹田河口から7.4km付近)までは魚釣りなど自然的利用主体行われていますが、竹田より下流については高水敷整備進みスポーツ散歩などへの利用が行われています。
利用形態は、高水敷堤防での自然散策スポーツ等が主体ですが、打吹まつりや天神川凧あげ大会等のイベント定期的に開催されています。
また、近年水辺の楽校等の整備が進んだこともあり、水面水際部での環境学習や水遊び魚釣り等での利用増加傾向あります
天神川の年間利用者数(推定)は約29万人であり、沿川住民のみならず地域人々の身近な空間として親しまれています。

観光
天神川流域は、小鴨川上流部が大山・隠岐国立公園指定され、三徳川流域から倉吉市打吹山にかけてが県立自然公園指定されるなど、流域全体に自然が織りなす素晴らし景観が広がっています。
三朝温泉の河原露天風呂
三朝温泉河原露天風呂
また、三徳川上流には断崖絶壁に立つ投入堂国宝)で有名な三徳山三仏寺があり、県内外から多く観光客訪れています。 さらに、流域内には世界一ラジウム含有量河原露天風呂で有名な三朝温泉と、小鴨川清流のほとりにたたずむ関金温泉という2つの名湯があり、これら温泉地には観光だけでなく治療目的訪れる人も多くいます。
4.天神川の主な災害

主な洪水

発生発生原因被災市町村被害状況
明治26年10月台風1市2町不明
昭和 9年 9月室戸台風1市3町人的被害2,000
全半壊家屋77
浸水家屋280
昭和34年 9月伊勢湾台風1市3町家屋被害135
人的被害不明

(注:この情報2008年2月現在のものです)

天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 群馬県

水系 利根川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 埼玉県

水系 利根川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 東京都

水系 荒川水系横十間川


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 新潟県

水系 信濃川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 新潟県

水系 信濃川水系


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 福井県

水系 九頭竜川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 長野県

水系 信濃川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 岐阜県

水系 木曾川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 愛知県

水系 庄内川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 愛知県

水系 天神川水系


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 青森県

水系 岩木川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 三重県

水系 相川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 滋賀県

水系 淀川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 滋賀県

水系 淀川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 滋賀県

水系 淀川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 京都府

水系 淀川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 京都府

水系 淀川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 京都府

水系 淀川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 京都府

水系 由良川水系


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 兵庫県

水系 天神川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 兵庫県

水系 武庫川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 岩手県

水系 北上川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 兵庫県

水系 武庫川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 鳥取県

水系 千代川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 鳥取県

水系 天神川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 島根県

水系 斐伊川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 広島県

水系 江の川水系


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 香川県

水系 鴨部川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 愛媛県

水系 天神川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 愛媛県

水系 天神川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 福岡県

水系 筑後川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 熊本県

水系 菊池川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 福島県

水系 阿武隈川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 熊本県

水系 緑川水系


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 宮崎県

水系 大淀川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 宮崎県

水系 川内川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 宮崎県

水系 一ツ瀬川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 宮崎県

水系 福島川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 宮崎県

水系 一ツ瀬川水系


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 鹿児島県

水系 川内川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 福島県

水系 鮫川水系

等級 2級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 福島県

水系 久慈川水系


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 群馬県

水系 利根川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 群馬県

水系 利根川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 群馬県

水系 利根川水系

等級 1級


天神川

読み方:テンジンガワ(tenjingawa)

所在 広島県(JR山陽本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

天神川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/22 06:41 UTC 版)

天神川(てんじんがわ)は、鳥取県の中部を流れる一級水系の本流。






「天神川」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

天神川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天神川」の関連用語

天神川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

江戸川

宮川

吉井川

千曲川

雲出川

黒部川

天塩川

留萌川





天神川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天神川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS