天王星とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 天王星の意味・解説 

てんおう せい てんわう- [3] 【天王星】

てんのうせい(天王星)

てん のうせい -わう- [0] [3] 【天王星】 〔Uranus〕

太陽系第七惑星1781年イギリスハーシェル発見極大光度5.3等。赤道半径25600キロメートル質量地球の14.54倍。周囲に環をもっている。公転周期84.022年。自転周期0.718日。自転軸軌道面に対して98度傾いている。衛星二七発見されている(2006年現在)。

天王星

太陽から遠くはなれたみどり色の星

天王星は土星外側を回る惑星(わくせい)です。太陽からは、土星までの約2倍の距離、29kmもはなれています。地球からは大型望遠鏡でもはっきり見えません。みどり色にぼんやり見えるのは、大気メタン多くふくまれているからと考えられています。直径地球の4.1倍ほど、重さは約15あります土星木星と同じように水素ヘリウムからできています。合計11個の輪ももっています。

ボイジャー2号が撮影した天王星
ボイジャー2号撮影した天王星

天王星は横になって太陽のまわりを回っている

天王星の大きな特徴に、自転軸に対して公転軸が98度もかたむいていることがあげられます。つまり天王星は横だおしになって、ごろごろと転がるようにして太陽のまわりを回っているのです。このため、天王星の北極南極真上太陽がくることもあるのです。それでも、自転するのにたった17時間15分しかかかりません。また、天王星の自転軸北極南極60度もずれています。このようなずれがなぜ起きたのかは、いまだにわかっていません。

天王星の発見は彗星とのかん違いから

天王星は1781年イギリス天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見されました。彼が星の距離をはかるための観測をしているときに、ぐうぜん、天王星を見つけたのです。最初ハーシェルは、それを彗星(すいせい)だと思っていましたが、その後軌道観測によって、ほかの惑星いっしょ太陽のまわりを回っていることがわかり、太陽系の第7惑星として発表しました。

天王星をめぐる27個の衛星たち

天王星の衛星は現在27個が確認されています。そのうち大きなものは5つです。ミランダ直径472kmの小さな衛星ですが、表面断層ありますアリエルは天王星から2番目に近い衛星で、直径が1,158km。チタニアは天王星でもっとも大きな衛星で、直径が1,578kmあります。もっとも外側を回る衛星オベロンです。直径は1,522kmありますウンブリエルクレーターでおおわれた暗い衛星で、直径は1,170kmです。

ミランダ
ミランダ

アリエル
アリエル

ウンブリエル
ウンブリエル

オベロン
オベロン

ボイジャー2号以来初めての観測

1994年8月ハッブル宇宙望遠鏡が天王星をとらえました。天王星を観測したのは、1986年ボイジャー2号以来初めてで、ハッブル宇宙望遠鏡から送られてきた映像では、地上からでは見ることのできない天王星の輪や、ボイジャー2号では観測できなかった天王星の模様などもとらえられています。また、高層には「かすみ」の存在確認されています。1996年4月には、天王星の大気3つのになっている様子をとらえた画像公開されました。


「天王星の雲」も観測

さらに、1997年2月スペースシャトルによるサービスミッションで新たに取り付けられた観測装置「NICMOS(近赤外カメラ及び多天体分光器)」を使って、1997年7月には6つのがはっきりと写っている赤外線画像撮影しました。また1998年10月発表された画像には約20個もの確認されたり過去撮影された画像との比較によって天王星の一番明る見える輪が歳差運動をしていることが確認されました。
ハッブル宇宙望遠鏡による観測は、今まで解明されなかった天王星の謎を解く上で大きく貢献していくことでしょう



天王星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/22 16:08 UTC 版)

天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系太陽に近い方から7番目の惑星である。太陽系の惑星の中で木星土星に次ぎ、3番目に大きい。1781年3月13日イギリス天文学者ウィリアム・ハーシェルにより発見された。名称のUranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノスΟυρανός、ラテン文字転写: Ouranos)のラテン語形である。






「天王星」の続きの解説一覧

天王星

出典:『Wiktionary』 (2011/12/13 02:28 UTC 版)

固有名詞

てんのうせい

  1. 太陽系太陽番目に近く番目に大き惑星発見18世紀青色で暗く、肉眼で見るのは難しい。

翻訳

関連語






天王星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

天王星に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天王星」の関連用語

天王星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

速く飛ぶためのくふう

H-IIAロケットを支えるLE-7Aエンジン

彗星探査

ヴェルネル・ハイゼンベルク

かけはし

銀河系内の天体

宇宙でのくらし

ロケットの構造





天王星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2016 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天王星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天王星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS