天守閣とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 天守閣の意味・解説 

てん しゅかく [3] 【天守閣】

天守 」に同じ。

天守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/18 10:00 UTC 版)

(天守閣 から転送)

天守(てんしゅ)とは、日本戦国時代以降の象徴的存在となった建造物の名称である。ヨーロッパの城の象徴的建築であるkeep towerの日本語訳として使われることもある。




[ヘルプ]
  1. ^ お城からの手紙vol.29
  2. ^ 西ヶ谷恭弘『定本 日本城郭事典』より
  3. ^ 弘前城辰巳櫓は現在、こけら葺の屋根の上に銅板をかぶせてある。
  4. ^ 現在の天守は改築後に層塔型となったが創建当時は望楼型であった。
  5. ^ 1990年 国際記念物国際会議での採択
  6. ^ 工法:作り方。構法:構造の仕組み。
  7. ^ 掛川市商工観光課発行「掛川城パンフレット」より
  8. ^ 井上「日本名城の旅東日本編」2001,ゼンリンより
  9. ^ 大阪城や大多喜城のように、天守絵図以外の史料がないことが多い
  10. ^ 岐阜城天守を移築したものと伝わる加納城御三階櫓の絵図をもとに長良橋の古材を用いて石垣上に建築したもの
  1. ^ 内藤昌編著『城の日本史』講談社 2011年
  2. ^ a b c d 三浦正幸『城のつくり方図典』小学館, 2005年.ISBN 4-09-626091-6
  3. ^ 田中義成「天守閣考」史学会編『史学会雑誌』1890年
  4. ^ 城戸久著『城と民家』毎日新聞社,1972年.
  5. ^ 宮上茂隆作『復元模型 安土城』草思社, 1995年. ISBN 4-7942-0634-8
  6. ^ a b c d e f 西ヶ谷恭弘監修『復原 名城天守』学習研究社, 1996年,ISBN 4-05-500160-6
  7. ^ 内藤昌『復元安土城』講談社 2006年
  8. ^ NHKスペシャル「安土城」プロジェクト 『信長の夢「安土城」発掘』
  9. ^ 西ヶ谷恭弘監修『日本の城』世界文化社, 1997年.
  10. ^ a b c d 三浦正幸監修『【決定版】図解・天守のすべて』学習研究社, 2007年.ISBN 978-4-05-604634-2
  11. ^ 天文12年(1543年)に記された『細川両家記』の永正18年(1521年2月17日の条
  12. ^ 木戸雅寿 文「城から見た 秀吉の遠方支配」石井正明ほか執筆『秀吉の城と戦略』成美堂 1998年
  13. ^ 全国城郭管理者協議会編『城のしおり』全国城郭管理者協議会 2005年
  14. ^ 加藤理文編『城の見方・歩き方』新人物往来社, 2002年. ISBN 4-404-03003-7
  15. ^ 坂井秀弥・本中眞 編『野外復元 日本の歴史』新人物往来社 1998年
  16. ^ a b 学習研究社編『歴史群像シリーズ よみがえる 日本の城 30』学習研究社 2006年






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「天守閣」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天守閣」の関連用語

天守閣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




天守閣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天守 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS