大雪山国立公園とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 公園 > 北海道の公園 > 大雪山国立公園の意味・解説 

だいせつ ざんこくりつこうえん -こうゑん 【大雪山国立公園】 ◇

北海道中央部にある国立公園大雪山十勝岳石狩岳などの山岳主体とした公園で,層雲峡天人峡などの峡谷があり,また,高山植物原生林野生動物恵まれる。

大雪山国立公園

写真:五色ヶ原からトムラウシ山
五色ヶ原からトムラウシ山

地図

ゆるやかな起伏が続く登山道両側は、文字どおり花の海ミヤマキンポウゲシナノキンバイハクサンイチゲ大群落がどこまでも続き、その間にトカチフウロやホソバウルップソウなども姿を見せる。

斜面向こうに目指すトムラウシ山堂々たるドームがそびえ立っている。感覚受け入れるものだけに身をゆだねて歩を進めるうちに、人はいつか忘我の時へと誘い込まれてゆく。ここはまさにカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)、天上世界である。

カムイミンタラ−神々の遊ぶ庭−

写真:大樹海が広がる三国峠からの眺め
大樹海が広がる三国峠からの眺め

大雪山国立公園は、北海道大屋根といわれる中央高地一帯を含む、日本最大国立公園である。単一の山群ではなく大雪火山群十勝火山群など、複数の山群の集合である。

大雪火山群主峰旭岳(2,290m)は北海道最高峰であり、主要山岳おおむね1,900〜2,200m前後である。山の高さは本州中部山岳比べて劣るが、北方にあるため気象条件厳しく、永久凍土構造土などの周氷河地形見られるまた、高山植物群落規模大きさ種類豊かさでも、日本屈指のところである。

大雪火山群北部旭岳のほか北鎮(ほくちん)岳、白雲はくうん)岳、凌雲岳、黒岳などが径6kmに達す中央火口取り巻くように配置している。この火口底や旭岳山腹からは今も噴気が上がっている。

これらの山のうち、層雲峡そううんきょう)から黒岳中腹までと、旭岳温泉から姿見の池まではロープウェイリフトがかかり、また、赤岳中腹銀泉台まで車道があるので、高山帯探勝はこの公園の中では最も容易である。

旭岳周辺から南部トムラウシ山(2,141m)周辺にかけては、高根ヶ原、五色ヶ原、沼ノ原、黄金ヶ原など標高1,800mほどの広大溶岩台地広がる。ゆるやかな曲線を描く稜線残雪をまとい、一帯は場所によって草原ハイマツ群落や岩礫地など多様変化し、どこも天上的な雰囲気にあふれた世界である。

十勝火山群大雪火山群南西続き活火山十勝岳(2,077m)を中心として、オプタテシケ山から前富良野(ふらの)岳に至る、多くいかにも火山らしい円錐形の山を連ねた山群である。南端富良野岳は、高山植物が特に豊かである。

東大雪の山と湖、山麓の峡谷

写真:紅葉の大雪山
紅葉の大雪山

然別(しかりべつ)火山群大雪火山群南東位置する小火山群である。この地域で最もよく知られているのは然別湖である。面積3.5km2周辺深い森に囲まれ、山々の影を映す湖面ロマンがある。

石狩山群は石狩岳(1,966m)を中心とする非火山性の山群で、急峻地形の山が多い。

この公園動物としては、高山帯では寒冷時代遺存種であるナキウサギや、国内ではこの山域のみで繁殖確認されているギンザンマシコ昆虫ではウスバキチョウアサヒヒョウモンなどの希少種を持つ。また、山麓広がる針葉樹深い森には、ヒグマエゾシカなどの大型種をはじめ、鳥獣が多い。中でもミユビゲラは、国内ではこの地域からごくわずか記録があるだけの幻のである。

山麓には層雲峡天人峡などの峡谷がある。特に層雲峡から大函(おおばこ)・小函(こばこ)にかけては、溶結凝灰岩柱状節理ちゅうじょうせつり)が延長20km以上にわたってそそり立つ断崖に、流星銀河など幾筋もの瀑布がかかり、道内有数景勝地として訪れる人が多い。ここを通過する国道39号線は、大雪国道名づけられている。天人峡には羽衣の滝がある。層雲峡旭岳白金十勝岳糠平(ぬかびら)、然別湖畔など温泉地多く利用基地となっている。

ナキウサギ

写真:ナキウサギ

日本では大雪山日高山脈など北海道高山帯だけに生息する小型ウサギ一部地方では標高400mほどの低地にもすむ。頭胴長12〜15cmくらいで耳は短い。

岩の多いところにすみ、岩の上でよく鳴く。夏のうちに大量岩陰などに蓄え、冬に食べる。ライチョウなどと同様、氷河時代広く分布していたものが、暖かくなって寒冷高山帯取り残されて生きている、遺存種である。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク


大雪山国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/01 02:44 UTC 版)

大雪山国立公園(だいせつざんこくりつこうえん)は北海道中央部にある日本最大の国立公園1934年12月4日阿寒国立公園日光国立公園中部山岳国立公園、阿蘇国立公園(現・阿蘇くじゅう国立公園)とともに指定された。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 大雪山国立公園の区域図 (PDF)”. 環境省. 2012年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 大雪山国立公園の公園紹介”. 環境省. 2012年3月6日閲覧。
  3. ^ 大雪山国立公園”. セブンイレブン記念財団. 2012年3月6日閲覧。
  4. ^ 国指定文化財等データベース(大雪山)”. 文化庁. 2012年3月6日閲覧。
  5. ^ 『花の百名山地図帳』 山と溪谷社、2007年5月、20-25頁。ISBN 9784635922463
  6. ^ 国立・国定公園特別地域内指定植物”. 環境省. 2012年3月6日閲覧。
  7. ^ 田中澄江 『花の百名山(愛蔵版)』 文藝春秋、1997年6月、161-178頁。ISBN 4-16-352790-7
  8. ^ 田中澄江 『新・花の百名山』 文春文庫、1995年6月、28-32頁。ISBN 4167313049
  9. ^ スノーモビル等乗入れ禁止について (PDF)”. 環境省. 2012年3月6日閲覧。
  10. ^ 環境省自然ふれあい推進室"表II-9 国立公園内ビジターセンター等利用者数"自然公園等利用者数調(2013年3月16日閲覧。)
  11. ^ 大雪山国立公園 層雲峡ビジターセンター”. 層雲峡ビジターセンター. 2012年3月6日閲覧。
  12. ^ ビジターセンター・博物館”. 大雪山国立公園連絡協議会. 2013年3月16日閲覧。
  13. ^ 旭岳ビジターセンター”. 北海道. 2012年3月6日閲覧。


「大雪山国立公園」の続きの解説一覧





大雪山国立公園と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大雪山国立公園」の関連用語

大雪山国立公園のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

瀬戸内海国立公園

支笏洞爺国立公園

大雪山国立公園

白山国立公園

白山国立公園

阿寒国立公園

伊勢志摩国立公園

霧島屋久国立公園





大雪山国立公園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般財団法人自然公園財団一般財団法人自然公園財団
Copyright 2016 一般財団法人 自然公園財団 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大雪山国立公園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS