大谷直子とは?

大谷直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 10:26 UTC 版)

大谷 直子(おおたに なおこ、1950年4月3日 - )は、日本の女優東京都出身。東京都立赤羽商業高等学校卒業。フロム・ファーストプロダクション所属。元夫は松山政路および清水綋治。娘は女優の華子[1][2]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 岡本家には下宿していた時期もあり、その後、岡本作品にはそれほど出演しなかったが、岡本の晩年まで交流は続いた。

出典

  1. ^ 華子プロフィール”. クローバー. 2016年5月27日閲覧。
  2. ^ 華子 (2013年6月17日). “ご報告。”. 華子オフィシャルブログ. 2016年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c 斉藤勝久 (2015年3月26日). “[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(1)57歳で「血液のがん」に”. ヨミドクター (YOMIURI ONLINE). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150326-OYTEW54863/ 2016年5月27日閲覧。 
  4. ^ 斉藤勝久 (2015年4月9日). “[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(3)抗がん剤治療 体重33キロに”. ヨミドクター (YOMIURI ONLINE). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150409-OYTEW54885/ 2016年5月27日閲覧。 
  5. ^ 斉藤勝久 (2015年4月16日). “[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(4)闘病生活 老境の役作りに”. ヨミドクター (YOMIURI ONLINE). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150409-OYTEW54885/ 2016年5月27日閲覧。 
  6. ^ “「第22回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式レポート”. 文化通信 (文化通信社). (2013年7月14日). http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=2209 2016年5月27日閲覧。 
  7. ^ “【プレイバック芸能スキャンダル史】 憧れの俳優と再婚して衝撃の妊婦ヌードを披露した大谷直子”. ゲンダイネット (日刊ゲンダイ). (2012年12月21日). オリジナル2013年10月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131007091249/http://gendai.net/articles/view/geino/140249 2016年5月27日閲覧。 
  8. ^ 斉藤勝久 (2015年4月2日). “[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(2)がん細胞転移 背骨が圧迫骨折”. ヨミドクター (YOMIURI ONLINE). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150402-OYTEW54874/ 2016年5月27日閲覧。 
  9. ^ 土曜ドラマ 劇画シリーズ 花に棲む - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス


「大谷直子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大谷直子」の関連用語

大谷直子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

作間ゆい

上田晋也

夜ふかしの会

いのくちゆか

ラブリ

岡田浩暉

松葉恭子

木ノ内芽衣





大谷直子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2016 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大谷直子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS