大東亜共栄圏とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > スローガン > 大東亜共栄圏の意味・解説 

だい とうあきょうえいけん [8] 【大東亜共栄圏】


大東亜共栄圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/22 08:16 UTC 版)

大東亜共栄圏(だいとうあきょうえいけん、Greater East Asia Co-Prosperity Sphere)は、太平洋戦争大日本帝国が唱えた標語[1]第2次大戦を背景に、第2次近衛内閣1940年)から敗戦1945年)まで唱えられた日本の対アジア政策構想[2]欧米植民地支配に代わり、日本中心の東亜民族による共存共栄を掲げ、日本のアジア支配を正当化しようとした[1]。大東亜共栄圏の建設は「大東亜戦争」の目的とされた[2]東条英機によれば、大東亜共栄圏建設の根本方針は「帝国を核心とする道義に基づく共存共栄の秩序を確立」することだった[2]




[ヘルプ]
  1. ^ a b 松村明編 「大東亜共栄圏」『デジタル大辞泉』 小学館
  2. ^ a b c Britannica Japan Co., Ltd. 「大東亜共栄圏」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』 Britannica Japan Co., Ltd.
  3. ^ a b 日立ソリューションズ・クリエイト 「大東亜共栄圏」『百科事典マイペディア』 日立ソリューションズ・クリエイト
  4. ^ a b c 日立ソリューションズ・クリエイト 「大東亜共栄圏」『世界大百科事典 第2版』 日立ソリューションズ・クリエイト
  5. ^ Akira Iriye (1999), Pearl Harbor and the Coming of the Pacific War: A Brief History with Documents and Essays, Boston and New York: Bedford/ St. Martins, p.6.
  6. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰(1959)『昭和史』[新版]、岩波書店 〈岩波新書355〉、216ページ
  7. ^ 大東亜宣言の世界史的意義、東京朝日新聞、1942年1月23日(神戸大学電子図書館システム)
  8. ^ 小林英夫 「大東亜共栄圏」『日本大百科全書(ニッポニカ)』 小学館
  9. ^ 『大東亜皇化の理念 』国防科学研究叢書 富士書店 1942年
  10. ^ 『大東亜戦争の神話的意義』 大串兎代夫 文部省数学局 1942年
  11. ^ ロバート・D・エルドリッヂ『硫黄島と小笠原をめぐる日米関係』、南方新社、31ページ
  12. ^ 平川, 均 (名古屋大学経済学研究科教授) (2011年2月15日), “鹿島守之助とパン・アジア論への一試論”, SGRAレポート 58 (公益財団法人 渥美国際交流財団 関口グローバル研究会): p. 5, http://www.aisf.or.jp/sgra/member/gcitizen/report/SGRAreport58.pdf 2014年12月9日閲覧。 
  13. ^ 平川 2011, pp. 31-33
  14. ^ 平川 2011, p. 15


「大東亜共栄圏」の続きの解説一覧





大東亜共栄圏と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大東亜共栄圏」の関連用語

大東亜共栄圏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オキピタリスノコギリクワガタ

天神川

井上雅博

ろ座

キャンプ

821P

第五しょうどしま丸

ハネ





大東亜共栄圏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大東亜共栄圏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS