大杉漣とは?

大杉 漣

大杉漣の画像 大杉漣の画像
芸名大杉 漣
芸名フリガナおおすぎ れん
性別男性
生年月日1951/9/27
星座てんびん座
干支卯年
血液型B
出身徳島県
身長178 cm
体重72 kg
URLhttp://zacco.co.jp/renosugi
ブログURLhttp://zaccoE.exblog.jp/
デビュー年1978
靴のサイズ26.5 cm
プロフィール19741988年解散まで転形劇場所属1978年高橋伴明監督作品で映画デビュー。1993年北野武監督作品『ソナチネ』で注目を集める以降、『ポストマンブルース』(SABU監督)でおおさか映画祭助演男優賞、『犬、走る DOG RACE』(崔洋一監督)『HANA-BI』(北野武監督)等の演技キネマ旬報ブルーリボン賞日本アカデミー賞など数々助演男優賞を受賞幅広い役柄使い分ける実力派俳優として各界からの支持も高い。映画・ドラマ・舞台・CM様々な分野活躍続ける。ナレーション数多く担当する。
代表作品1年1993
代表作品1映画『ソナチネ
代表作品2年1998
代表作品2映画『ポストマンブルース
代表作品3年1998
代表作品3映画『犬、走る DOG RACE
職種タレント俳優女優
好きなスポーツサッカークラブ主将)/サーフィン
趣味・特技ブルースハープ/ギター

» タレントデータバンクはこちら

大杉漣

以下の映画大杉漣関連しています。
ビデオプランニング
オフィスキタ
角川映画=エンジェル・シネマ
コムテッグ
 
ビデオプランニング
ジーピーミュージアム、ドラゴンフィルム
グルーヴコーポレーション
グルーヴコーポレーション
ポール・ギブソン・フィルムメーカーズカンパニー
 
イメージファクトリー・アイエム配給
 
 
 
 
 


大杉漣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/13 22:48 UTC 版)

大杉 漣(おおすぎ れん、1951年9月27日[1] - )は、日本の俳優タレント。本名は大杉 孝[2]徳島県小松島市出身[3]明治大学中退[2]。身長178cm、体重72kg[1]血液型はB型。ザッコ所属。写真家の大杉隼平は実子。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 大杉 漣(OHSUGI REN)”. ZACCO OFFCIAL WEBSITE. ザッコ. 2016年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 大杉漣”. KINENOTE. 2016年3月3日閲覧。
  3. ^ a b 大杉漣”. ALTAMIRA MUSIC. 2015年6月22日閲覧。
  4. ^ 日本映画支えるVシネ出身者 阿部寛、遠藤憲一、香川照之等”. 週刊ポスト. 小学館 (2014年7月6日). 2014年8月12日閲覧。
  5. ^ a b “大杉漣、製作費500万円「棚の隅」に主演”. nikkansports.com. (2006年6月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20060615-46187.html 2015年6月22日閲覧。 
  6. ^ “板谷由夏:「あるがまま」がテーマ 大杉漣の金言「今も探し続けてる」”. MANTANWEB. (2016年2月22日). http://mantan-web.jp/2016/02/22/20160222dog00m200035000c.html 2016年3月3日閲覧。 
  7. ^ TVでた蔵 (TV-DateZoo) (2011年5月13日). “ぴったんこカン・カン 大杉漣さんと行く!青春の吉祥寺巡り”. 2012年4月23日閲覧。
  8. ^ a b “大杉漣:「理屈なく好き」とサッカー愛語る WOWOWスポーツドキュメンタリーでナビゲーターに”. MANTANWEB. (2015年6月20日). http://mantan-web.jp/2015/06/20/20150620dog00m200020000c.html 2015年6月22日閲覧。 
  9. ^ エレカシ「僕らの音楽」で曽我部恵一コラボ、対談は大杉漣”. 音楽ナタリー (2014年1月17日). 2016年3月3日閲覧。
  10. ^ INLIFE 男の履歴書 大杉漣
  11. ^ “大杉漣 徳島J1昇格見届けた 共演者も応援「大杉を国立に!」”. スポーツニッポン. (2013年12月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/09/kiji/K20131209007166850.html 2013年12月13日閲覧。 
  12. ^ 『ソナチネ』本編に、村川「俺の組どうなるんだ」高橋「お前の組は片桐が仕切るだろ」という村川(ビートたけし)と高橋(矢島健一)の会話があるが、これは片桐が東京に残るという初期シナリオの名残。
  13. ^ a b 2002年5月14日にテレビ朝日系で放送され、未放送のシーンが追加された再編集劇場版が、同年10月5日より全国4か所で順次公開された。
  14. ^ 大杉漣、「天の茶助」で全身タイツやホームレス姿を披露”. 映画ナタリー (2015年5月30日). 2015年6月7日閲覧。
  15. ^ キャスト | 『かぐらめ』”. 映画『かぐらめ』公式サイト. 2015年2月23日閲覧。
  16. ^ 二階堂ふみ「蜜のあわれ」主演で妖艶な金魚に!室生犀星原作を石井岳龍監督が映画化”. 映画.com (2015年7月8日). 2015年7月8日閲覧。
  17. ^ 「仮面ライダー1号」悪役キャスト発表、ポスターにはゴースト&スペクターも”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年2月2日). 2016年2月2日閲覧。
  18. ^ “「シン・ゴジラ」予告で全身ビジュアル解禁、高良健吾ら325人の追加キャストも発表”. 映画ナタリー. (2016年4月14日). http://natalie.mu/eiga/news/183481 2016年4月16日閲覧。 
  19. ^ 綱本将也×吉原基貴の「U-31」が映画化!”. コミックナタリー (2016年1月17日). 2016年1月17日閲覧。
  20. ^ “天海祐希:大杉漣の「怒られたい」にあきれ顔”. MANTANWEB. (2014年1月6日). http://mantan-web.jp/2014/01/06/20140106dog00m200005000c.html 2016年3月3日閲覧。 
  21. ^ “草なぎ剛、主演ドラマで大島優子と三角関係 どん底ホームレスの復讐劇”. modelpress. (2014年12月1日). http://mdpr.jp/news/detail/1450162 2014年12月1日閲覧。 
  22. ^ 伊藤歩“異色刑事”役で民放連ドラ初主演 相棒は小池徹平”. ORICON (2015年6月5日). 2015年6月5日閲覧。
  23. ^ 小日向文世×大杉漣×でんでん (2015年9月21日). 小日向文世×大杉漣×でんでん“緊急座談室”パート1. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. http://thetv.jp/news_detail/65100/ 2016年3月3日閲覧。 
  24. ^ 大杉漣が名曲「神田川」をモチーフにしたドラマに「出会うべき作品だった」と笑顔”. インターネットTVガイド (2016年3月2日). 2016年3月3日閲覧。
  25. ^ 門脇麦がドラマ「お迎えデス。」に出演!濱田ここね、石野真子、大杉漣も”. コミックナタリー (2016年3月8日). 2016年3月10日閲覧。
  26. ^ 放送日・時間は不定。第4回から主に日曜日・15:00 - 15:55。第27回から木曜日・19:00 - 19:55。第33回から日曜日・17:00 - 17:55。
  27. ^ 毎週水曜日(プロ野球放送により異なります。)・19:00 - 19:55。
  28. ^ 六角慎司、甲本雅裕、大杉漣の会話劇の新作が3本放送”. テレビドガッチ (2016年2月9日). 2016年3月3日閲覧。


「大杉漣」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大杉漣に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大杉漣」の関連用語

大杉漣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ALEX

高桑三枝

佐藤康

嗣永桃子

桑原由気

税所伊久磨

小川あん

副島しんご





大杉漣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2016 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大杉漣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS