大堀相馬焼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > > 大堀相馬焼の意味・解説 

大堀相馬焼

【工芸品名】
大堀相馬焼
【よみがな】
おおぼりそうまやき
【工芸品の分類】
陶磁器
【主な製品】
茶器酒器花器灰皿
【歴史】
大堀相馬焼は江戸時代初期1690年)に作り始められたと言われています。当時その地方を治めていた相馬藩が、焼き物作り保護育成したため江戸時代末期には100余り窯元が並ぶ、東北地方で一番大きな産地になりました。
明治時代になると、他の仕事に変わる生産者出て来たこと等から少しずつ数が減り、現在では24軒の窯元焼き物作り続けています。これらの窯元300年伝統守りながら、21世紀向けて新し製品作り出す努力をしています。
【主要製造地域】
福島県
【指定年月日】
昭和53年2月6日
【特徴】
青磁釉という青みのある透明なガラス質で、表面をおおった陶器を主に作っています。ひび割れ模様のように器全体をおおっていることから「青ひび」と呼ばれており、このひび割れ模様が、作品親しみやすいものにしています。青磁釉の主な原料である砥山石はこの産地のみで採れる原料です。青磁釉の他には、灰釉かいゆう)、あめ釉(ゆう)、白流釉(しろながれゆう)等を使っています。

大堀相馬焼

読み方オオボリソウマヤキ

福島県浪江町大堀地区焼成される大堀焼。相馬焼。釉の表面ざらざらした鮫肌焼鮫肌土瓶や青罅(あおひび)焼で知られた。福島県相馬市中村相馬駒焼相馬焼というが両者は別である。

大堀相馬焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/10 07:09 UTC 版)

大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)は、福島県浜通り北部の浪江町大堀で焼かれる陶器である。略称として大堀焼(おおぼりやき)ともいう。


[ヘルプ]


「大堀相馬焼」の続きの解説一覧





大堀相馬焼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大堀相馬焼に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大堀相馬焼」の関連用語

大堀相馬焼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




大堀相馬焼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2014 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2014 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大堀相馬焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS