大うつ病とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 大うつ病の意味・解説 

うつ病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/08 04:27 UTC 版)

(大うつ病 から転送)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、Clinical depression)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。




  1. ^ DSM-IV・DSM-IV-TRでは、主要症状1つを含む5つ以上の症状が2週間以上持続することが、大うつ病性障害の診断条件となっている。
  2. ^ DSM-IV-TRの"major depressive disorder"の major が日本語で「大」と訳されているが、本来これは「主要な」あるいは「中心的な」という意味で用いられているものであり、誤訳である(中うつ病と小うつ病がない)[93]
  3. ^ 「Solving the Puzzle of Mystert Syndromes」によると、181人のうつ病患者(含自殺願望の患者)の口中から水銀アマルガムの詰め物を取り除いた結果、全員が完治または改善を報告している。
  4. ^ 原題: “WPA/PTD Educational Program on Depressive Disorders” [127][128]
  5. ^ ”Step 3: persistent subthreshold depressive symptoms or mild to moderate depression with inadequate response to initial interventions, and moderate and severe depression - For people with moderate or severe depression, provide a combination of antidepressant medication and a high-intensity psychological intervention (CBT or IPT).” (英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.5.1.2)
  6. ^ なお、非定型うつ病については、欧米ではモノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害剤)が第一選択として活用されているが、その激しい副作用と厳しい食事制限のため、2012年現在日本で認可されているものはない。NICEはMAOIの処方は精神医療専門家のみが行われなければならないしている。
  7. ^ ”Do not use antidepressants routinely to treat persistent subthreshold depressive symptoms or mild depression because the risk–benefit ratio is poor,”(英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.4.4)
  8. ^ "Surprisingly, there is limited evidence that antidepressants reduce suicide risk. Because depression is one of the most significant risk factors for suicide, however, antidepressants may be essential in the treatment of suicidal patients for depressive-symptom reduction." (アメリカ精神医学会 2004, pp. 378-379)
  9. ^ David Taylor(チーフ薬剤師精神薬理学教授)、Carol Paton(チーフ薬剤師、名誉研究員)、Shitij Kapur(精神医学研究所学部長・教授)らによって著された向精神薬の処方マニュアルである[170]
  10. ^ 原文: “The patient ought to take as much exercise in the open air as he can bear ...A plan of this kind, which astrict attention to diet, is a much more rational method of cure, than confining the patient within doors, and plying him with medicines.” [174]
  11. ^ 原文: “antidepressants are not recommended for the initial treatment of mild depression, because the risk-benefits ratio is poor.” [175]
  12. ^ 原文: “patients of all ages with mild depression of the benefits of following a structured and supervised exercise programme.” [175]
  13. ^ 二重盲検試験では医師と被験者に抗うつ薬偽薬のどちらを投与するか知らせないが、抗うつ薬の副作用によって医師の87%、被験者の80%(抗うつ薬群89%、偽薬群59%)にどちらを投与したか見破られるという報告がある。この研究で被験者の80%が言い当てる確率は100万分の1以下である[178]
  1. ^ a b 大野豊「【特集 うつを治す】うつ病の定義」、『Pharma Medica』第15巻第10号、1997年、 129-136頁。
  2. ^ a b 村上靖彦、永田俊彦、市橋秀夫、中安信夫 (2005) pp.137-151
  3. ^ a b c 春日武彦 『病んだ家族、散乱した室内 : 援助者にとっての不全感と困惑について』 医学書院、2001年9月、113-119頁。ISBN 9784260331548 
  4. ^ a b c d e f g h i 日本生物学的精神医学会 2010.
  5. ^ a b c d e うつ対策推進方策マニュアル , 厚生労働省, 2004, Chapt.5 適切な診断・治療のために
  6. ^ a b c d うつ病 厚生労働省
  7. ^ Kessler RC, Nelson C, McGonagle KA (1996). “Comorbidity of DSM-III-R major depressive disorder in the general population: results from the US National Comorbidity Survey”. British Journal of Psychiatry 168 (suppl 30): 17–30. PMID 8864145. 
  8. ^ 日本うつ病学会 2012, Chapt.2.
  9. ^ 日本うつ病学会 2012, Chapt.3.
  10. ^ 日本うつ病学会 2012, Chapt.4.
  11. ^ a b c 坂元薫. 2、うつ病の病前性格・心因・状況因. 129回日本医学会シンポジウム (日本医学会). http://jams.med.or.jp/symposium/129.html. 
  12. ^ 樽味伸、神庭重信「うつ病の社会文化的試論 —特に「ディスチミア親和型うつ病」について—」、『日本社会精神医学会雑誌』第13巻第3号、2005年2月、 129-136頁。 p.134
  13. ^ a b c d 樽味伸「現代社会が生む “ディスチミア親和型”」、『臨床精神医学』第34巻第5号、2005年5月、 687-694頁。
  14. ^ 貝谷久宣『気まぐれ「うつ」病―誤解される非定型うつ病』筑摩書房、2007年、11頁・14頁。ISBN 978-4480063724
  15. ^ American Psychiatric Association. (2000). Mood Disorders. In Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (4th ed., text rev.) Washington, DC: Author.
  16. ^ 用語解説(専門家向け)、『こころの耳』 厚生労働省
  17. ^ 職場を襲う "新型うつ"NHKスペシャル、2012年4月29日放送
  18. ^ 日本うつ病学会 2012, p. 3.
  19. ^ 日本うつ病学会 2012, p. 18.
  20. ^ パーソナリティー障害 厚生労働省
  21. ^ 笠原嘉「退却神経症という新しいカテゴリーの提唱」、『中井久夫 他(編):思春期の精神病理と治療』、岩崎学術出版社、東京、1978年3月、 287-319頁。
  22. ^ 阿部隆明、大塚公一郎、永野満 他「「未熟型うつ病」の臨床精神病理学的検討 —構造力動論(W. Janzarik)からみたうつ病の病前性格と臨床像」、『臨床精神病理』第16巻、1995年、 239-248頁。
  23. ^ 広瀬徹也「「逃避型抑うつ」について」、『宮本忠雄(編):躁うつ病の精神病理2』、弘文堂、東京、1977年、 61-86頁。
  24. ^ 松浪克文、山下喜弘「社会変動とうつ病」、『社会精神医学』第14巻、1991年、 193-200頁。
  25. ^ a b 市橋秀夫「現代型うつ病—変貌する臨床像の変化とその対応」、『〈別冊 医学のあゆみ〉最新 うつ病のすべて』、医歯薬出版株式会社、2010年3月、 22-27頁。
  26. ^ 市橋秀夫「パーソナリティとうつ病」、『Depression Frontier』第11巻第1号、2013年3月、 93-94頁。
  27. ^ a b 樋口輝彦「多様化するうつ病の病像」、『日医雑誌』第138巻第11号、2010年、 2243-2246頁。
  28. ^ 笠原嘉 (1988) p.119, p.212
  29. ^ a b 牛島定信 『パーソナリティ障害とは何か』 講談社、2008年8月。ISBN 9784062881807 pp.4-5
  30. ^ 牛島定信. “今,何故にパーソナリティ障害か”. 日本精神神経学会. 2013年10月31日閲覧。
  31. ^ a b Parker G, Fink M, Shorter E, Taylor MA, Akiskal H,Berrios G, Bolwig T, Brown WA, Carroll B, Healy D, Klein DF., Koukopoulos A, Michels R, Paris J, Rubin RT, Spitzer R, Swartz C (2010). “Whither Melancholia? The Case for its Classification as a Distinct Mood Disorder.”. American J Psychiatry (167): 745-746. 
  32. ^ うつ病の脳科学的研究 山脇成人 第129回日本医学会シンポジウム
  33. ^ 樋口輝彦,小山司 『臨床精神薬理ハンドブック 第二版』〈医学書院〉2009年
  34. ^ a b 山脇成人 (2005-06-16). “うつ病の脳科学的研究:最近の話題”. In 日本医学会シンポジウム. p. 8-9. http://jams.med.or.jp/symposium/129.html 2006年10月12日閲覧。 
  35. ^ 学習・記憶、情動に関わるエピジェネティック制御機構
  36. ^ von Zerssen D, Tauscher R, Possl J : The relationship of premorbid personality to subtypes of an affective illness. A replication study by means of an operation- alized procedure for the diagnosis of personality struc- tures. J Affect Disord 1994 ; 32 : 61―72.
  37. ^ Fergusson DM, Boden JM, Horwood LJ (2009). “Tests of causal links between alcohol abuse or dependence and major depression”. Arch. Gen. Psychiatry 66 (3): 260-6. doi:10.1001/archgenpsychiatry.2008.543. PMID 19255375. 
  38. ^ Falk DE, Yi HY, Hilton ME (2008). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2386955 “Age of onset and temporal sequencing of lifetime DSM-IV alcohol use disorders relative to comorbid mood and anxiety disorders”]. Drug Alcohol Depend 94 (1-3): 234-45. doi:10.1016/j.drugalcdep.2007.11.022. PMC 2386955. PMID 18215474. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2386955. 
  39. ^ Schuckit MA, Smith TL, Danko GP (2007). “A comparison of factors associated with substance-induced versus independent depressions”. J Stud Alcohol Drugs 68 (6): 805-12. PMID 17960298. 
  40. ^ アルコール・薬物乱用と自殺に対する共同宣言案骨子 (Report). 日本アルコール・薬物医学会、日本アルコール精神医学会、日本アルコール関連問題学会. http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/110913_1/4.pdf. 
  41. ^ アルコールと依存 厚生労働省
  42. ^ a b c d デビッド・D・バーンズ 2004, pp. 310-314.
  43. ^ a b Professor Heather Ashton (2002), Benzodiazepines: How They Work and How to Withdraw, http://www.benzo.org.uk/manual/bzcha03.htm 
  44. ^ Berber MJ (1999). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2328680 “Pharmacological treatment of depression. Consulting with Dr Oscar”] (PDF). Can Fam Physician 45: 2663–8. PMC 2328680. PMID 10587774. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2328680. 
  45. ^ Riss, J.; Cloyd, J.; Gates, J.; Collins, S. (2008). “Benzodiazepines in epilepsy: pharmacology and pharmacokinetics”. Acta Neurol Scand 118 (2): 69-86. doi:10.1111/j.1600-0404.2008.01004.x. PMID 18384456. 
  46. ^ Semple, David; Roger Smyth, Jonathan Burns, Rajan Darjee, Andrew McIntosh (2007) [2005]. “13”. Oxford Handbook of Psychiatry. United Kingdom: Oxford University Press. p. 540. ISBN 0-19-852783-7. 
  47. ^ Collier, Judith; Longmore, Murray (2003). “4”. In Scally, Peter. Oxford Handbook of Clinical Specialties (6 ed.). Oxford University Press. p. 366. ISBN 978-0-19-852518-9. 
  48. ^ Ashton CH (1995). “Protracted Withdrawal From Benzodiazepines: The Post-Withdrawal Syndrome”. Psychiatric Annals (benzo.org.uk) 25 (3): 174-179. http://www.benzo.org.uk/pha-1.htm. 
  49. ^ Professor Heather Ashton (2004), Protracted Withdrawal Symptoms From Benzodiazepines, Comprehensive Handbook of Drug & Alcohol Addiction, http://www.benzo.org.uk/pws04.htm 
  50. ^ 中川敦夫. 初診のうつ病患者における投与薬剤の実態調査研究(平成 22 年度 厚生労働科学研究費補助金 特別研究事業 ) (Report). 独立法人国立精神・神経医療研究センター. http://www.ncnp.go.jp/tmc/pdf/22_report05.pdf. 
  51. ^ Marshall BD, Werb D (June 2010). “Health outcomes associated with methamphetamine use among young people: a systematic review”. Addiction 105 (6): 991–1002. doi:10.1111/j.1360-0443.2010.02932.x. PMID 20659059. 
  52. ^ a b うつ病の認知療法・認知行動療法治療者用マニュアル(厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業) (Report). 日本認知療法学会. (2010-01). http://jact.umin.jp/pdf/cognitive_medical.pdf. 
  53. ^ The scope and concerns of public health”. Oxford University Press: OUP.COM (2009年3月5日). 2010年12月3日閲覧。
  54. ^ 水野創一、宮岡剛、稲垣卓司、堀口淳「Prevalence of restless legs syndrome in non-institutionalized Japanese elderly」、『Psychiatry and clinical neurosciences』第59巻第4号、2005年8月1日、 461-465頁、 NAID 10018029436
  55. ^ 川上憲人「世界のうつ病,日本のうつ病--疫学研究の現在 (第5土曜特集 うつ病のすべて) -- (疫学)」、『医学のあゆみ』第219巻第13号、医歯薬出版、2006年12月30日、 925-929頁、 NAID 40015165979
  56. ^ a b c d e f g h 日本生物学的精神医学会 2010, p. 157.
  57. ^ 厚生労働省 うつ病対策推進方策マニュアル(doc)
  58. ^ 女性のうつ病 JCPTD
  59. ^ a b c d e 一般社団法人うつ病の予防・治療日本委員会 2008.
  60. ^ うつ病、不安障害..「経験」25%、受診は3割未満 川上 熊本日日新聞2008年3月8日付朝刊
  61. ^ うつ病の患者さんは増加しているのでしょうか? 日本うつ病学会
  62. ^ なぜうつ病の人が増えたのか 冨高辰一郎 ISBN 4779004535
  63. ^ 佐藤寛ほか『一般中学生におけるうつ病の有病率』 精神医学 第50巻、2008年
  64. ^ WHO 2006, p. 10.
  65. ^ 製薬会社ファイザーの調査2009年7月27日広報
  66. ^ ビタミンショック-暴かれた害と効用-, ハンス・ウルリッヒ グリム/著 イェルク・ツィットラウ/著 佐々木建/監訳 花房恵子/訳
  67. ^ a b 仙波純一「喫煙と精神機能・行動 ニコチンとうつ病-その光と陰-」、『喫煙科学研究の歩み-1996年から2005年-』、公益財団法人喫煙科学研究財団、2007年
  68. ^ ニコチネルパッチの使用上の注意 解説 してはいけないこと
  69. ^ チャンピックスを服用するにあたっての注意
  70. ^ World Health Organization (WHO). Age-standardized DALYs per 100,000 by cause, and Member State, 2004; 2004 [cited 2011-03-31].
  71. ^ OECD 2014, p. 63.
  72. ^ a b (PDF) Depression. National Institute of Mental Health (NIMH). http://web.archive.org/web/20110727123744/http://www.nimh.nih.gov/health/publications/depression/nimhdepression.pdf 2008年9月7日閲覧。. 
  73. ^ Kaufmann IM (1 September 1993). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2379905 “Rural psychiatric services. A collaborative model”]. Canadian Family Physician 39: 1957–61. PMC 2379905. PMID 8219844. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2379905. 
  74. ^ Call for action over Third World depression”. BBC News (Health). British Broadcasting Corporation (BBC) (1999年11月1日). 2008年10月11日閲覧。
  75. ^ Cepoiu M, McCusker J, Cole MG, Sewitch M, Belzile E, Ciampi A (2008). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2173927 “Recognition of depression by non-psychiatric physicians—a systematic literature review and meta-analysis”]. J Gen Intern Med 23 (1): 25–36. doi:10.1007/s11606-007-0428-5. PMC 2173927. PMID 17968628. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2173927. 
  76. ^ Dale J, Sorour E, Milner G (2008). “Do psychiatrists perform appropriate physical investigations for their patients? A review of current practices in a general psychiatric inpatient and outpatient setting”. Journal of Mental Health 17 (3): 293–98. doi:10.1080/09638230701498325. 
  77. ^ Dale J, Sorour E, Milner G (2008). “Do psychiatrists perform appropriate physical investigations for their patients? A review of current practices in a general psychiatric inpatient and outpatient setting”. Journal of Mental Health 17 (3): 293–98. doi:10.1080/09638230701498325. 
  78. ^ Orengo C, Fullerton G, Tan R (2004). “Male depression: A review of gender concerns and testosterone therapy”. Geriatrics 59 (10): 24–30. PMID 15508552. 
  79. ^ Reid LM, Maclullich AM (2006). “Subjective memory complaints and cognitive impairment in older people”. Dementia and geriatric cognitive disorders 22 (5–6): 471–85. doi:10.1159/000096295. PMID 17047326. 
  80. ^ Katz IR (1998). “Diagnosis and treatment of depression in patients with Alzheimer's disease and other dementias”. The Journal of clinical psychiatry 59 Suppl 9: 38–44. PMID 9720486. 
  81. ^ Wright SL, Persad C (2007). “Distinguishing between depression and dementia in older persons: Neuropsychological and neuropathological correlates”. Journal of geriatric psychiatry and neurology 20 (4): 189–98. doi:10.1177/0891988707308801. PMID 18004006. 
  82. ^ Sadock 2002, p. 108.
  83. ^ Sadock 2002, p. 260.
  84. ^ 日本うつ病学会 2012, Chapt.1.3.
  85. ^ 日本うつ病学会 2012, p. 10.
  86. ^ Sadock 2002, p. 288.
  87. ^ アメリカ精神医学会 2000a, p. xxix.
  88. ^ a b The ICD-10 classification of mental and behavioral disorders. Clinical description and diagnostic guideline. Geneva, 世界保健機関, (1992), http://www.who.int/classifications/apps/icd/icd10online/?gf30.htm+f33 2008年11月8日閲覧。 
  89. ^ アメリカ精神医学会 2000a.
  90. ^ アメリカ精神医学会 2000a, p. 345.
  91. ^ a b アメリカ精神医学会 2000a, p. 349.
  92. ^ Wakefield JC, Schmitz MF, First MB, Horwitz AV (2007). “Extending the bereavement exclusion for major depression to other losses: Evidence from the National Comorbidity Survey”. Archives of General Psychiatry 64 (4): 433–40. doi:10.1001/archpsyc.64.4.433. PMID 17404120. http://archpsyc.ama-assn.org/cgi/content/full/64/4/433. Lay summary – The Washington Post (2007-04-03). 
  93. ^ 村上靖彦、永田俊彦、市橋秀夫、中安信夫 (2005) p.148
  94. ^ アメリカ精神医学会 2000a, p. 372.
  95. ^ a b c d e f g h Criteria for Major Depressive Episode”. Winthrop University. faculty.winthrop.edu. 2005年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月20日閲覧。
  96. ^ アメリカ精神医学会 2000a, p. 352.
  97. ^ Sadock 2002, p. 552.
  98. ^ アメリカ精神医学会 2000a, p. 778.
  99. ^ Carta, MG; Altamura, AC; Hardoy, MC; Pinna, F; Medda, S; Dell'osso, L; Carpiniello, B; Angst, J (2003). “Is recurrent brief depression an expression of mood spectrum disorders in young people?”. European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience 253 (3): 149–53. doi:10.1007/s00406-003-0418-5. PMID 12904979. 
  100. ^ Rapaport MH, Judd LL, Schettler PJ (2002). “A descriptive analysis of minor depression”. American Journal of Psychiatry 159 (4): 637–43. doi:10.1176/appi.ajp.159.4.637. PMID 11925303. 
  101. ^ アメリカ精神医学会 2000a, p. 355.
  102. ^ 神庭重信 2008, pp. 71-72.
  103. ^ 内海健 うつ病新時代-双極II型という病 勉誠出版
  104. ^ 神庭重信 2008, pp. 72,176-180.
  105. ^ 日本うつ病学会 2012, p. 12,38.
  106. ^ 2010/07/30 うつ病の客観的な診断を目指す光トポグラフィー検査
  107. ^ 精神研ニュース近赤外線を用いた光診断の可能性と限界東京都精神医学総合研究所、2010年9月(第343号)
  108. ^ 光トポグラフィー(NIRS)専門外来] 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
  109. ^ a b c OECD 2014, Country press releases - Japan.
  110. ^ a b 高橋祥友 『書評: 精神科を専門としない医師が患者の悩みを救うために』 医学書院、2004年4月http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=5583 
  111. ^ a b うつ・不安啓発委員会 (2004)、『あなたのその気分、「うつ」かもしれません』中経出版 ISBN 4-8061-2108-8
  112. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.4.2.1.
  113. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.5.1.
  114. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.5.1.2.
  115. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.1.1.3.
  116. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.4.11.
  117. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.1.1.
  118. ^ a b c d e 厚生労働省 2009.
  119. ^ 職場のうつ病、「治る希望持たせて」
  120. ^ うつ病の治療 厚生労働省
  121. ^ Thase, ME (1999). “When are psychotherapy and pharmacotherapy combinations the treatment of choice for major depressive disorder?”. Psychiatric Quarterly 70 (4): 333–46. doi:10.1023/A:1022042316895. PMID 10587988. 
  122. ^ doi:10.1007/978-1-4020-8265-8_301
    これはおそらく他の言語版からコピーされた出典です。日本語版では副テンプレートはまだ作成されていません。テンプレートページを開いて該当言語版からコピーする必要があります。通常英語版ページ
  123. ^ a b c d Irving Kirsch 2009, p. 177 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, p. 240)
  124. ^ Irving Kirsch 2009, p. 160 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, p. 218)
  125. ^ a b 精神医学「DSM-5をめぐって─Dr. Allen Francesに聞く」医学書院2012年8月(54巻8号)
  126. ^ OECD 2014, Country press releases - UK.
  127. ^ WPA/PTD Educational Program on Depressive Disorders」世界精神医学会、2013年10月28日閲覧。
  128. ^ a b JCPTD30年の歴史」一般社団法人うつ病の予防・治療日本委員会(JCPTD)、96頁、2013年10月28日閲覧。
  129. ^ WPA/PTD うつ病性障害教育プログラム」一般社団法人うつ病の予防・治療日本委員会(JCPTD)、2013年10月28日閲覧。
  130. ^ Irving Kirsch 2009 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 220, 224-226)
  131. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.5.3.2.
  132. ^ アメリカ精神医学会 2010, part A.
  133. ^ 日本うつ病学会 2012, p. 20.
  134. ^ Irving Kirsch 2009, p. 1 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 13-14)
  135. ^ “診療報酬の算定方法の一部を改正する件(平成22年厚生労働省告示第69号)” (プレスリリース), 厚生労働省, (2012年3月5日), http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken12/index.html 
  136. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.5.3.4.
  137. ^ デビッド・D・バーンズ 2004.
  138. ^ デビッド・D・バーンズ 2004, 序章.
  139. ^ Irving Kirsch 2009 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 233-235)
  140. ^ a b c d e 日本うつ病学会 2012.
  141. ^ a b 自殺予防のために薬物療法によってできることは何か 渡邊衡一郎
  142. ^ What Is Depression? National Institutes of Mental Health
  143. ^ a b c d e f g 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.5.2.
  144. ^ a b Robert Whitaker, "Antidepressants/Depression," Anatomy of an Epidemic Documents. Retrieved June 11 2013.
  145. ^ a b c Robert Whitaker 2009, pp. 152-153 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, pp. 224-225)
  146. ^ Jonathan Cole, "Therapeutic efficacy of antidepressant drugs," Journal of the American Medical Association, 1964, pp. 448-55, 190(5).
  147. ^ a b c Dean Schuyler, The Depressive Spectrum, New York: Jason Aronson, 1974, p. 47. ISBN 978-0876681879.
  148. ^ Moncrieff, J. (2005). “Efficacy of antidepressants in adults”. BMJ 331 (7509): 155–157. doi:10.1136/bmj.331.7509.155. ISSN 0959-8138. 
  149. ^ a b 日本うつ病学会 2012, p. 26.
  150. ^ 日本うつ病学会 2012, p. 22.
  151. ^ エビリファイ添付文書
  152. ^ a b c 日本うつ病学会 2012, p. 37.
  153. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, 1.5.2 Antidepressant drugs.
  154. ^ デビッド・D・バーンズ 2004, p. 314.
  155. ^ 米国国立メンタルヘルス機構 2011, FDA warning on antidepressants.
  156. ^ a b 厚生労働省医薬食品局 (2009-09). 医薬品・医療機器等安全性情報 No.261 (Report). 261. http://www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/261.pdf. 
  157. ^ Stone MB, Jones ML (2006年11月17日). “Clinical review: relationship between antidepressant drugs and suicidality in adults (PDF)”. Overview for December 13 Meeting of Psychopharmacologic Drugs Advisory Committee (PDAC). FDA. pp. 11–74. 2007年9月22日閲覧。
  158. ^ Levenson M, Holland C (2006年11月17日). “Statistical Evaluation of Suicidality in Adults Treated with Antidepressants (PDF)”. Overview for December 13 Meeting of Psychopharmacologic Drugs Advisory Committee (PDAC). FDA. pp. 75–140. 2007年9月22日閲覧。
  159. ^ Olfson M, Marcus SC, Shaffer D (2006). “Antidepressant drug therapy and suicide in severely depressed children and adults: A case-control study”. Archives of General Psychiatry 63 (8): 865–72. doi:10.1001/archpsyc.63.8.865. PMID 16894062. 
  160. ^ Hammad TA (2004-08-116). “Review and evaluation of clinical data. Relationship between psychiatric drugs and pediatric suicidality. (PDF)”. FDA. pp. 42; 115. 2008年5月29日閲覧。
  161. ^ a b Hetrick S, Merry S, McKenzie J, Sindahl P, Proctor M (2007). “Selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs) for depressive disorders in children and adolescents”. Cochrane Database Syst Rev (3): CD004851. doi:10.1002/14651858.CD004851.pub2. PMID 17636776. 
  162. ^ Gunnell D, Saperia J, Ashby D (2005). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=549105 “Selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs) and suicide in adults: meta-analysis of drug company data from placebo controlled, randomised controlled trials submitted to the MHRA's safety review”]. BMJ 330 (7488): 385. doi:10.1136/bmj.330.7488.385. PMC 549105. PMID 15718537. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=549105. 
  163. ^ Fergusson D, Doucette S, Glass KC, et al. (2005). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=549110 “Association between suicide attempts and selective serotonin reuptake inhibitors: systematic review of randomised controlled trials”]. BMJ 330 (7488): 396. doi:10.1136/bmj.330.7488.396. PMC 549110. PMID 15718539. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=549110. 
  164. ^ Stone, M; Laughren, T, Jones, ML, Levenson, M, Holland, PC, Hughes, A, Hammad, TA, Temple, R, Rochester, G (2009-08-11). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2725270 “Risk of suicidality in clinical trials of antidepressants in adults: analysis of proprietary data submitted to US Food and Drug Administration”]. BMJ (Clinical research ed.) 339: b2880. doi:10.1136/bmj.b2880. PMC 2725270. PMID 19671933. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2725270. 
  165. ^ Rihmer Z, Akiskal H (2006). “Do antidepressants t(h)reat(en) depressives? Toward a clinically judicious formulation of the antidepressant-suicidality FDA advisory in light of declining national suicide statistics from many countries”. J Affect Disord 94 (1–3): 3–13. doi:10.1016/j.jad.2006.04.003. PMID 16712945. 
  166. ^ Sakinofsky, I (2007 Jun). “Treating suicidality in depressive illness. Part I: current controversies”. Canadian Journal of Psychiatry 52 (6 Suppl 1): 71S–84S. PMID 17824354. 
  167. ^ FDA Proposes New Warnings About Suicidal Thinking, Behavior in Young Adults Who Take Antidepressant Medications”. FDA (2007年5月2日). 2008年5月29日閲覧。
  168. ^ 抗うつ薬で自殺が増加するか? 日本うつ病学会 理事長 野村総一郎
  169. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009, Chapt.1.
  170. ^ David Taylor; Carol Paton; Shitij Kapur 『モーズレイ処方ガイドライン第10版』、内田裕之・鈴木健文・渡邊衡一郎監訳 アルタ出版2011年1月、1-7頁。ISBN 978-4901694452 
  171. ^ Robert Whitaker 2009, pp. 345-346 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, pp. 515-516
  172. ^ Irving Kirsch 2009, pp. 170-171 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, p. 230)
  173. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.4.2.4.
  174. ^ a b Robert Whitaker 2009, p. 344 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, p. 514)
  175. ^ a b c Robert Whitaker 2009, p. 345 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, pp. 514-515)
  176. ^ (PDF) CG23 : Management of depression in primary and secondary care (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2007). p. 99. http://www.nice.org.uk/nicemedia/pdf/CG023fullguideline.pdf. 
  177. ^ Robert Whitaker 2009, pp. 345-347 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, pp. 515-517)
  178. ^ Irving Kirsch 2009, pp. 14-16 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 29-30)
  179. ^ Irving Kirsch 2009, pp. 169-173 (翻訳書は アービング・カーシュ 2010, pp. 229-233)
  180. ^ Cooney GM, Dwan K, Greig CA, Lawlor DA, Rimer J, Waugh FR, McMurdo M, Mead GE (2013). “Exercise for depression”. Cochrane Database of Systematic Reviews: CD004366. doi:10.1002/14651858.CD004366.pub6. 
  181. ^ 志水彰ほか『精神医学への招待』改訂2版,南山堂、100,188頁
  182. ^ a b 井田逸朗 他「修正型電気刺激療法」『気分障害の診療学』中山書店、371 - 379頁
  183. ^ 志水彰ほか『精神医学への招待』改訂2版,南山堂、188頁
  184. ^ 英国国立医療技術評価機構 2009b, Chapt.1.2.
  185. ^ a b TMSについて 鬼頭伸輔 杏林大学医学部
  186. ^ 2007 越前屋勝 うつ病の時間生物学的治療
  187. ^ 「高照度光療法」 Vol.17増刊号 精神科治療学 気分障害のガイドライン 2002年10月 星和書店、 「4.高照度光療法」 睡眠障害の対応と治療ガイドライン 編集 睡眠障害の診断・治療ガイドライン研究会 じほう
  188. ^ 「8.うつ病の時間生物学的治療」 睡眠医療 第2巻 第1号 2007 株式会社ライフサイエンス
  189. ^ Fegert JM, Kölch M, Zito JM, Glaeske G, Janhsen K (2006). “Antidepressant use in children and adolescents in Germany”. J. Child Adolesc. Psychopharmacol. 16 (1-2): 197–206. doi:10.1089/cap.2006.16.197. PMID 16553540. 
  190. ^ Linde K, Berner MM, Kriston L (2008). “St John's wort for major depression”. Cochrane Database Syst. Rev. 4: CD000448. PMID 18843608. http://onlinelibrary.wiley.com/o/cochrane/clsysrev/articles/CD000448/frame.html. 
  191. ^ シン, サイモン、エルンスト, エツァート 『代替医療のトリック青木薫訳、新潮社2010年(原著2008年)、264-266,279-280。ISBN 9784105393052
  192. ^ 重篤副作用疾患別対応マニュアル セロトニン症候群 (Report). 厚生労働省. (2010-03). http://www.info.pmda.go.jp/juutoku/file/jfm1003003.pdf. 
  193. ^ a b 日本うつ病学会 2012, p. 15.
  194. ^ 「うつ予防・支援マニュアル」分担研究班 (2009-05). うつ予防・支援マニュアル(改訂版) (Report). 厚生労働省老健局老人保健課. http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/05/tp0501-1.html. 
  195. ^ 抗うつ薬の適正使用に関する委員会(委員長:樋口輝彦 国立精神・神経センター総長) 日本うつ病学会
  196. ^ 職場復帰支援(リワーク支援)JEEDうつ病などで休職しており、職場復帰をお考えの方へ JEED
  197. ^ Posternak MA, Miller I (2001). “Untreated short-term course of major depression: A meta-analysis of outcomes from studies using wait-list control groups”. Journal of Affective Disorders 66 (2-3): 139-46. doi:10.1016/S0165-0327(00)00304-9. PMID 11578666. 
  198. ^ Posternak MA, Solomon DA, Leon AC (2006). “The naturalistic course of unipolar major depression in the absence of somatic therapy”. Journal of Nervous and Mental Disease 194 (5): 324-29. doi:10.1097/01.nmd.0000217820.33841.53. PMID 16699380. 
  199. ^ 疫学・保健医療統計学独協医科大学名誉教授 中江公裕
  200. ^ a b Robert Whitaker 2009, ch. 8 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, ch. 8)
  201. ^ Fava GA, Park SK, Sonino N (2006). “Treatment of recurrent depression.”. Expert Review of Neurotherapeutics 6 (11): 1735–1740. doi:10.1586/14737175.6.11.1735. PMID 17144786. 
  202. ^ Limosin F, Mekaoui L, Hautecouverture S (2007). “Stratégies thérapeutiques prophylactiques dans la dépression unipolaire [Prophylactic treatment for recurrent major depression]”. La Presse Médicale 36 (11-C2): 1627–1633. doi:10.1016/j.lpm.2007.03.032. PMID 17555914. 
  203. ^ Eaton WW, Shao H, Nestadt G (2008). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2761826 “Population-based study of first onset and chronicity in major depressive disorder”]. Archives of General Psychiatry 65 (5): 513–20. doi:10.1001/archpsyc.65.5.513. PMC 2761826. PMID 18458203. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2761826. 
  204. ^ “DNA Methylation Profiles of the Brain-Derived Neurotrophic Factor (BDNF) Gene as a Potent Diagnostic Biomarker in Major Depression author=Manabu Fuchikami, Shigeru Morinobu, Masahiro Segawa, Yasumasa Okamoto, Shigeto Yamawaki, Norio Ozaki, Takeshi Inoue, Ichiro Kusumi, Tsukasa Koyama, Kounosuke Tsuchiyama, Takeshi Terao”. PLoS ONE. (2011-08-30). doi:10.1371/journal.pone.0023881. 
  205. ^ 「うつ病の血液診断」の光と陰 日野なおみ 日経ビジネス






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大うつ病」の関連用語

大うつ病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




大うつ病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのうつ病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS