大いなる勇者とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 大いなる勇者の意味・解説 

大いなる勇者

原題:Jeremiah Johnson
製作国:アメリカ
製作年:1972
配給:ワーナー映画配給
スタッフ
監督:Sydney Pollack シドニー・ポラック
製作:Joe Wizan ジョー・ワイザン
原作:Raymond W. Thorp レイモンド・ソープ

Robert Bunker ロバート・バンカー
脚色:John Milius ジョン・ミリアス

Edward Anhalt エドワード・アンハルト
撮影:Duke Callaghan デューク・キャラハン
音楽:John Rubenstein ジョン・ルベンスタイン

Tim McIntire ティム・マッキンタイアー
編集:Thomas Stanford トーマス・スタンフォード
字幕:高瀬鎮夫 タカセシズオ
キャスト(役名
Robert Redford ロバート・レッドフォード (Jeremiah Johnson
Will Geer ウィル・ギア (Bear Claw
Stefan Gierasch ステファン・ギーラッシュ (Del Gue
Allyn Ann McLerie アリン・アン・マクレリー (Crazy Woman
Josh Albee ジョシュ・アルビー (Caleb
Charles Tyner チャールズ・タイナー (Robidoux)
Delle Bolton デル・ボルトン (Swan
Joaquin Martinez ジョアキン・マルティネス (Paints His Shirt Red
解説
1850年代文明背を向けて山奥ふかくわけ入り厳しい自然との対決中に生きることの意味をつかもうとする若者の姿を描く。製作はジョー・ワイザン監督シドニー・ポラックレイモンド・ソープロバート・バンカー原作クロウ族殺し」をジョン・ミリアスエドワード・アンハルト脚色化した。撮影デューク・キャラハン音楽はジョー・ルベンスタインとティム・マッキンタイアー編集トーマス・スタンフォード各々担当出演ロバート・レッドフォードウィル・ギアステファン・ギーラッシュジョシュ・アルビーアリン・アン・マクレリー、リチャード・アンガローラ、デル・ボルトンなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1850年代アメリカ急速に発達する文明に背を向けた青年ジェレミア・ジョンソン(ロバート・レッドフォード)は猟師になろうと決心してロッキー山脈に向かった。やがて厳しい冬迎えある日の中で凍死している男を発見した。そのそばに残された遺書には、自分発見した者にはライフルを譲るとしたためられていた。思わぬ拾い物に元気づけられたジョンソンに、もう1つ幸運訪れた。ベテラン山男クリス・ラップ(ウィル・ギア)と出会い彼について、山で生き残るための技術知識身につけることができた。クリス別れジョンソンは、まずインディアンたちとの間に誠意ある交易関係を確立した。その中にはクロウ族インディアン赤シャツもいた。開拓者小屋のそばで、インディアンによる白人虐殺見たのはそんな頃であった。すでに息絶えている2人の子のまわりを気が触れたようにうろつく白人の女(アリン・アン・マクレリー)がいた。ジョンソンしかたなく生き残った惨劇ショック口のきけなくなった少年連れ引き返した。少年にはキャレブジョシュ・アルビー)と名をつけた。翌日インディアンに襲われた男デル・ギュー(ステファン・ギーラッシュ)を助けたことによって、開拓者一家惨殺犯人を知ったジョンソンは、追跡開始した。夜になって、目指す敵のキャンプ発見したジョンソン犯人殺した。翌朝出会ったフラットヘッド族は平和を愛すインディアンだったが、ジョンソンが引いている3頭の馬がブラックフィトのものだと知ると、宿敵を倒してくれた2人敬愛の情を示し酋長返札として、気品美しさにあふれた娘スワンデル・ボルトン)を贈った。スワンキャレブジョンソンの平和な生活が続いた。冬も深まった頃、ある白人開拓者馬車が川の中で凍りついてしまったのを探し救い出すため、騎兵隊ジョンソン助力求めにやってきた。捜索は困難をきわめた。目的地に着くためにはクロウ族死体埋葬区域を通らなければならない。ここはクロウ族にとって何よりも神聖な場所で、無神経踏みこむのは危険だったが、開拓者助けるためにちゅうちょできなかった。ジョンソン胸騒ぎ覚え、その足ですぐ家にひき返した。しかし、ひと足遅くスワンキャレブクロウ族に殺されていた。聖地犯したことが彼らの怒りにふれたのだ。ジョンソン体内にはどす黒い憤りがわいていた。彼の復讐が始まった。やがて“クロウ族殺し”の異名をつけられる程に恐れられるようになった。死んだ子供たちのそばに住む気の触れた女に肉をやろうと訪れたが、女はすでに死んで、埋葬した墓のそばには、クロウ族によってジョンソンの墓が用意されてあった。墓を被う生皮には、ジョンソンインディアンたちと戦う姿が描かれてあったが、それは彼がすでに死んだことを意味するのか、永遠に不死身であることを意味するのかはわからなかった。はっきりしているのは、クロウ族との戦いがこれで終わったことだ。ひとつの山を越えて、いまジェレミア・ジョンソンは彼の前に立ちはだかるけわしい山に登り始めていた。

大いなる勇者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/14 15:42 UTC 版)

大いなる勇者』(原題: Jeremiah Johnson)は、1972年アメリカ映画。伝説的なマウンテンマンレバー・イーティング・ジョンソン(1824年頃 - 1900年)にロバート・レッドフォードが扮した。




  1. ^ Festival de Cannes: Jeremiah Johnson”. festival-cannes.com. 2016年2月11日閲覧。
  2. ^ a b AFI Catalog of Feature Films: Jeremiah Johnson”. American Film Institute. 2016年2月11日閲覧。
  3. ^ Segaloff, Nat, "John Milius: The Good Fights", Backstory 4: Interviews with Screenwriters of the 1970s and 1980s, Ed. Patrick McGilligan, Uni of California 2006 p 283-284
  4. ^ Nixon, Rob. “Jeremiah Johnson”. TCM Movie Database. Turner Classic Movies. 2016年2月11日閲覧。


「大いなる勇者」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大いなる勇者」の関連用語

大いなる勇者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

PC-9821Xa

西山

眼窩

美濃和紙

XJR400R

男鹿国定公園

めっき

スクエア包みの応用





大いなる勇者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大いなる勇者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS