多連装ロケットシステムとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 陸上自衛隊装備品 > 多連装ロケットシステムの意味・解説 

多連装ロケットシステム 自走発射機M270 MLRS 愛称 マルス

多連装ロケットシステム 緒元性能
ロケット弾 多目的弾:644個子弾内臓
全長

約3.900mm

直径 約227mm
重量 約306kg
最大射程 約30.000m
自走発射  
乗員 3人
全長 約7.0m
全幅 約3.0m
全高 約2.6m
全備重量 約25t
最高速度

約65km/h

機関 500馬力水冷4サイクルディーゼル
構成 自走発射機、指揮装置および弾薬
製作 IHIエアロスペース
備考  

野戦特科部隊装備し、主として遠距離における砲兵部隊装甲部隊空挺・ヘリボン部隊上陸用舟艇等の広域目標瞬間的撃破することを目的としている。(略称 MLRS


【多連装ロケットシステム】(たれんそうろけっとしすてむ)

Multiple Launch Rocket System (MLRS)
対地ロケット弾発射機を多数搭載した戦闘車輌
ロケット弾榴弾比べ命中精度に劣るが、多数の子弾をばら撒くことで補う。
さらに、任意の数のロケット弾瞬時発射することで、榴弾砲などに比べ短時間でより広い地域制圧することが可能。
反対に榴弾砲比べて、発射時に発生する多量噴煙により発射位置露呈し易い欠点がある。
かつては旧ソ連BM-8/-13BM-21に代表されるような、トラックレールやロケットチューブを載せただけの安価な兵器であったが、現在では搭載機器等により大変高価である。

各国の主な多連装ロケットシステム

mlrs2.jpg
Photo:MASDF

多連装ロケット砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/22 18:35 UTC 版)

(多連装ロケットシステム から転送)

多連装ロケット砲は、複数のロケット弾を一斉発射する事を目的とした兵器(ロケット砲)である。多連装ロケットランチャー多連装ロケット弾発射機などとも表現される。英語では multiple rocket launcher, MRL あるいは multiple launch rocket system[1], MLRSなどと表現される。


  1. ^ Multiple Launch Rocket System、と大文字表記した場合には、M270 MLRSを特に指す固有名詞として使用される
  2. ^ What Life was Like in the Land of the Dragon, Publisher: Time-Life; First Edition (October 1998), ISBN 978-0783554587
  3. ^ http://www.armamentresearch.com/wp-content/uploads/2014/01/ARES-Research-Report-No.-1-S-5-Rockets-in-Land-Warfare.pdf


「多連装ロケット砲」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「多連装ロケットシステム」の関連用語

多連装ロケットシステムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ソ連軍

81mm迫撃砲

B-2

94式水際地雷敷設装置

タイガーミート

62式 7.62mm機関銃

V尾翼

戦闘ヘリコプター





多連装ロケットシステムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2016 陸上自衛隊 All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多連装ロケット砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS