多胡辰敬とは?

多胡辰敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/26 02:57 UTC 版)

多胡 辰敬(たこ ときたか、明応6年(1497年) - 永禄5年(1562年))は、戦国時代武将尼子氏の家臣。経久晴久義久の代まで仕えた父は石見国余勢城主多胡忠重もしくは多胡久秀。姉妹は尼子国久の正室として嫁いだ。弟に多胡正国、子に多胡重盛と湯永綱の妻(亀井茲矩の母)となった娘がいる。また、国久の三男尼子敬久の与力であったと思われる。




「多胡辰敬」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

多胡辰敬に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「多胡辰敬」の関連用語

多胡辰敬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

裏筋

オオマシコ

オショロミノウミウシ属の仲間3

福井俊彦

シェブロンビーズ

瀬波温泉海水浴場

バウンドテニス

スタンダードデッカー





多胡辰敬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多胡辰敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS