外光派とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > 外光派の意味・解説 

がい こうは ぐわいくわう- [0] 【外光派】


外光派

読み】:ガイコウハ
【英】:PLEINAIVISME

19世紀フランス絵画史における呼称ルネッサンス以降ヨーロッパアカデミック美術教育では屋内油絵完成するのが習しだったが、19世紀に入ると屋外太陽光の下で油絵完成ようとする作家現れた。そうした作家あるいは制作態度を指す。主題としては風景画多く具体的な作家としてはヨンキスト、ブーダンなど印象派先駆的役割を果した作家指しクールベコローなどを加えることもある。印象派屋外での制作専念しているが、普通は外光派と区別し、むしろ印象派技法アカデミック主題折衷して19世紀後半パリ画壇人気を得たサロン作家たちを指すことが多い。日本ではサロン作家ラファエルコランに学んで1893年帰国した黒田清輝中心として形成された洋画新傾向とその一群作家を指す。黒田帰国するまで主流であった脂派との対比から、紫派新派、南派、正則派とも呼ぶ。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

外光派に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「外光派」の関連用語

外光派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

モリブデン鉛鉱

ビーズ刺しゅう

ピンセット

タランドス

古窯信楽の登り窯

おかぐら

BMW 3 シリーズ・ツーリング

寸胴





外光派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2017

©2017 Weblio RSS