夏樹静子とは?

夏樹静子(なつき・しずこ)

本名出光静子。旧姓五十嵐1938年(昭13)、東京生まれ五十嵐均実兄霧の会会員であり、命名者
慶応大学英文学科在学中の1960年(昭35)、兄の鋼三の勧めにより執筆した五十嵐静子名義で「すれ違った死」が江戸川乱歩賞最終候補となった。
1957年(昭32)、NHKテレビ番組私だけが知っている」の脚本山村正夫鮎川哲也笹沢左保土屋隆夫藤村正太とともに執筆
1962年(昭37)、夏しのぶ名義で「ガラスの鎖」を「宝石」に掲載
1970年(昭45)、専業主婦に徹しきれずに書いた「天使が消えていく」が第15江戸川乱歩賞次席となり、刊行。この作品1971年(昭46)に第24日本推理作家協会賞候補となる。
1972年(昭47)に刊行した「蒸発」が、1973年(昭48)、第26日本推理作家協会賞受賞
1972年(昭47)に「小説現代」に発表した「暗い玄海灘に」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1973年版」に収録される。
1973年(昭48)に「小説宝石」に発表した「あちら側の女」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1974年版」に収録される。
1974年(昭49)に「小説新潮」に発表した「誰知らぬ殺意」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1975年版」に収録される。
1975年(昭50)に「小説宝石」に発表した「特急夕月」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1976年版」に収録される。
1976年(昭51)に「小説現代」に発表した「水子地蔵の樹影」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1977年版」に収録される。
1978年(昭53)に刊行した「第三の女」はフランスで「La promesse de I'omdre」として訳され、1989年(平1)に冒険小説大賞受賞
1979年(昭54)に「週刊小説」に発表した「陰膳」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1980年版」に収録される。
1980年(昭55)に「小説新潮」に発表した「懸賞」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1981年版」に収録される。同時に日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1981」に収録される。
1981年(昭56)に「小説新潮」に発表した「死者の嘘」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1982年版」に収録される。
1981年(昭56)に「中央公論」に発表した「鼓笛隊」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1982」に収録される。
1982年(昭57)に「オール読物」に発表した「濁流の魚」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1983」に収録される。
1982年(昭57)に刊行した「Wの悲劇」が「週刊文春」の82年傑作ミステリーベスト10」の4位に選ばれる
1982年(昭57)に「小説新潮」に発表した「年一回の訪問者」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1983年版」に収録される。
1983年(昭58)、「訃報午後二時に届く」を「北海道新聞」に掲載。この作品は「週刊文春」の83年傑作ミステリーベスト10」の8位に選ばれる
1983年(昭58)に「小説宝石」に発表した「パスポートの秘密」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1984年版」に収録される。
1984年(昭59)、「最後に愛を見たのは」が「週刊文春」の84年傑作ミステリーベスト10」の8位に選ばれる
1984年(昭59)に「オール讀物」に発表した「秘められた心中」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1985年版」に収録される。
1985年(昭60)に「オール讀物」に発表した「宅配便の女」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1986年版」に収録される。
1986年(昭61)に「小説宝石」に発表した「稚い証人」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1987年版」に収録される。
1986年(昭61)、「わが郷愁マリアンヌ」が「週刊文春」の86年傑作ミステリーベスト10」の9位に選ばれる
1987年(昭62)に「小説現代」に発表した「雨に佇つ人」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1988年版」に収録される。
1988年(昭63)に「小説推理」に発表した「三分のドラマ」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1989年版」に収録される。
1990年(平2)に「小説新潮」に発表した「酷い天罰」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1991年版」に収録される。
1991年(平3)に「小説宝石」に発表した「ひと言の罰」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1992年版」に収録される。
1992年(平4)に「オール讀物」に発表した「黒髪の焦点」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1993年版」に収録される。
1993年(平5)に「小説新潮」に発表した「尽くす女」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1994年版」に収録される。
1997年(平9)に「オール讀物」に発表した「仮説の行方」は日本推理作家協会の「推理小説年鑑 ザベストミステリーズ1998」に収録される。



夏樹静子

以下の映画夏樹静子関連しています。


夏樹静子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/06 23:04 UTC 版)

夏樹 静子(なつき しずこ、本名:出光 静子[1][2](いでみつ しずこ)、1938年12月21日 - 2016年3月19日[3])は、日本小説家推理作家。旧姓名の五十嵐 静子名義による作品もある。




注釈

  1. ^ のちに「影の鎖」と改題された。
  2. ^ 他の著者の収録作は変わらないが、夏樹の作品だけ差し替えになっている。
  3. ^ 関東広域圏のみ放送
  4. ^ BSジャパンでは「BS2時間ドラマ・女と愛とミステリー」として地上波より3日先行で放送。
  5. ^ BSジャパンでは「BSミステリー」に改題→途中より地上波比4日遅れになった。
  6. ^ BSでの番組名は前期と同じだが、地上波で半年前に放送された作品を順次再放送している。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 郷原宏【解説】 『天使が消えていく光文社光文社文庫〉、1999年4月20日、316-322頁。 
  2. ^ a b c d e “作家の夏樹静子さん死去…「Wの悲劇」「蒸発」”. YOMIURI ONLINE. (2016年3月21日). オリジナル2016年3月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/2016.03.27-114132/http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160321-OYT1T50019.html 2016年7月7日閲覧。 
  3. ^ a b 作家の夏樹静子さん死去 「蒸発」「Wの悲劇」 77歳”. 朝日新聞. 2016年3月21日閲覧。
  4. ^ 夏樹静子 (2006年7月26日). 『見えない貌』の夏樹 静子さん. インタビュアー:大島一洋. e-hon.. http://job.rikunabi.com/2011/media/sj/work/business/business_vol10.html 2016年3月23日閲覧。 
  5. ^ a b 夏樹静子 アーティストページ”. TSUTAYA. 2014年3月14日閲覧。
  6. ^ 中島河太郎【解説】 『天使が消えていく講談社講談社文庫〉、1975年、296頁。 
  7. ^ a b c 夏樹静子 (2009年). 広報誌「ほうてらす」Vol.7 冬号 インタビュー. インタビュアー:篠塚英子. 日本司法支援センター(法テラス).. http://www.houterasu.or.jp/houterasu_gaiyou/kankoubutsu/kouhoushi_interview_backnumber/2009fuyu.html 2013年1月10日閲覧。 
  8. ^ a b c d 夏樹静子 (2011年5月6日). 【これからの人生】囲碁 愉快になれる時間. インタビュアー:西村洋一. yomiDr.(YOMIURI ONLINE).. http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40681 2013年1月10日閲覧。 
  9. ^ 夏樹静子. TBS「夏樹静子・作家40年記念サスペンス特別企画『Wの悲劇』夏樹静子さんインタビュー. (インタビュー). TBS.. http://www.tbs.co.jp/w-higeki/comment.html 2013年1月10日閲覧。 
  10. ^ “夏樹静子さん葬儀に1200人 福岡で活動「励まされた」”. 西日本新聞. (2016年3月25日). http://www.nishinippon.co.jp/nlp/showbiz_news/article/233786 2016年7月7日閲覧。 
  11. ^ “ミステリーの女王のお別れ会に300人 「あの世で夏樹静子賞を作って…」”. 産経ニュース. (2016年7月4日). http://www.sankei.com/life/news/160704/lif1607040004-n1.html 2016年7月7日閲覧。 


「夏樹静子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

夏樹静子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「夏樹静子」の関連用語

夏樹静子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ぷろふいる

新探偵小説

探偵実話

ヒッチコック・マガジン

ロック

秘密探偵雑誌

黒猫

ぷろふいる





夏樹静子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夏樹静子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS