士農工商とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 出典別 > 管子 > 士農工商の意味・解説 

し のう こう しょう -しやう [1] 【士農工商】

江戸時代基本的身分制度武士農民職人商人をいう。工・商一括して町人と呼ばれた。

士農工商

読み方:シノウコウショウ(shinoukoushou)

江戸時代階級武士農民職人商人の四階級


士農工商

読み方:しのうこうしょう

  1. 遍照金剛(※「へんじょうこんごう」)に同じ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

士農工商

読み方:シノウコウショウ(shinoukoushou)

初演 嘉永2.4(江戸市村座)


士農工商

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/12 13:05 UTC 版)

士農工商(しのうこうしょう)とは、儒教において社会の主要な構成要素(官吏農民職人商人)を指す概念である。「四民」ともいう。日本では、近代になり江戸時代の身分制度を意味すると捉えられるようになったが、1990年代ごろから実証的研究が進み誤った認識であることが理解されるようになった。


[ヘルプ]
  1. ^ 書経』下巻497項には「司空は邦土を掌り、四民を居く」と記されている。
  2. ^ 上杉聰『部落史がかわる』三一書房1997年など
  3. ^ 東京書籍 Q&A
  4. ^ 城繁幸『日本型雇用制度は江戸時代の「士農工商」と同じだ』J-CAST会社ウォッチ 2009年
  5. ^ 『荀子』王制「農農・士士・工工・商商一也」
  6. ^ 『春秋穀梁伝』成公元年「古者有四民。有士民、有商民、有農民、有工民」
  7. ^ 宮本武蔵著、渡辺一郎校注『五輪書』岩波書店、1985年、pp. 15-16、ISBN 4-00330021-1
  8. ^ 青柳精一『診療報酬の歴史』思文閣出版、1996年、ISBN 978-4-7842-0896-8 P113-136
  9. ^ 斎藤洋一『身分差別社会の真実』(講談社現代文庫)
  10. ^ a b c 編者、奈良 人権・部落解放研究所『日本歴史の中の被差別民』100頁(朝尾直弘)
  11. ^ 田中圭一『百姓の江戸時代』ちくま新書 58頁


「士農工商」の続きの解説一覧





士農工商と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「士農工商」の関連用語

士農工商のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




士農工商のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2014 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの士農工商 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS