城之越遺跡とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 城之越遺跡の意味・解説 

城之越遺跡

名称: 城之越遺跡
ふりがな じょうのこしいせき
種別 名勝
種別2: 史跡
都道府県 三重県
市区町村 伊賀市比土古都
管理団体
指定年月日 1993.10.29(平成5.10.29)
指定基準 名1,史1,史3
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: 遺跡は、上野市最南部、周囲を低丘陵で囲まれた一・五キロメートル四方の小盆地東端所在する。遺跡西方約七〇〇メートルところを流れ木津川は、七キロメートルほど北流して上野市市街地西端達し、そこから山間部を西に向かい笠置・山城地方へと続く。
 平成三年度に実施された、県営圃場整備事業に伴う発掘調査によって、古墳時代築造された三か所湧水源をもつ大形の溝(以下大溝という)とともにそれを取り込むように古墳時代から中世まで連続的推移する竪穴住居跡群や掘立柱建物群が発見された。
 後述するように、大溝石組、貼石、立石修景されており、出土遺物からみて祭祀の場として造られ使われたものであるまた、竪穴住居跡は総数二九棟以上、掘立柱建物跡は総数五〇棟以上が検出された。
 発掘調査区域は、低丘陵の裾から北西になだらかに下る水田中の微高地であり、約一三、〇〇〇平方メートル範囲である。
 遺跡全体での遺構変遷について概説する。まず古墳時代前期後半(四世紀後半)頃、竪穴住居広く散在するとともに遺跡の北半部中央大溝素掘りの形で構築される。続いて大溝上流部に護岸の貼石や岬部分立石湧水部での石組施される。この時期には、大溝以外には顕著遺構がなく、大溝とそれに接続する広場状の空間独立した祭祀の場として存在する。次に世紀に入ると、大溝での祭祀継続するものの大溝自体埋没始め周囲竪穴住居掘立柱建物が造られてゆく。古墳時代後期(六世紀)には、大溝立石や貼石部にも埋没祭祀存在もわからなくなる。周囲では倉庫建物を含む掘立柱建物多くなってくる。続いて奈良時代に入ると大溝は完全に埋没し、遺跡全体掘立柱建物が建てられ、竪穴住居も造られる。大溝の上部埋土に「建」の墨書をもつ土器が入る。平安時代から中世にかけては建物疎らになる。
 この遺跡最大特徴は、大溝形態性格である。
 大溝はその上流端(南西側)においてそれぞれ一二~三メートル間隔で三か所湧水をもち水源としている。うち西端湧水部は素掘り窪地状を呈しているが、中央東端湧水部には状の石組設け水の浄化水量調節を行っている。中央西端湧水から、それぞれ幅二メートルほどの流路形成される。合流点では岬状の地形造成し、五〇センチメートルほどの高さの石を立石状に組み込んでいる。両岸部には拳大の石を貼るようにまた小口積みのように詰め並べている。この合流点から約一五メートル下流において、東端湧水からの流路合流しここでも岬状の地形造成している。この岬にはやや大型の石が集積しているが、もとは階段状の構造水面下りる施設考えられる流路ここから一本で幅約五メートル素掘り溝となり北西流れる。検出された溝の長さは約五〇メートルであるが、溝は近畿日本鉄道伊賀線路敷を越えてなお続くことが判明している。岬や貼石護岸上方台地状および広場状の一定の区域には建物などの遺構存在しない
 遺物主として大溝から検出されている。土器では、小型丸底壺(胴部穿孔付を含む)と高杯内部彩付を含む)が多い。木製遺物では、日常品建築部材のほか刀形、剣形、飾弓、案などが出土されている。これらのことから、大溝とこれに接する場所で祭祀が行われていたことは確実であり、かつ、祭祀関係の遺物がほとんど流路から検出され、湧水自体からの出土品僅少であり、湧水清浄に保っていたことから、湧水自体聖なるもの、聖なる地として祭祀が行われたと考えられる
 この遺跡を含む集落全体構造はまだ把握されていないものの、古墳時代集落における祭祀形態と明確な祭祀場の関係を知る上で類例少な貴重な史跡である。
 さらに、この遺跡のうちの大溝とそれに接するある範囲空間は、曲線多用した流路、岬状の貼石などから、単なる水源流路としての機能越えたものと確認できる。そこには景観造形上の美意識とそれを表現する技術存在が十分にうかがわれ、飛鳥時代以降次第形成されていく伝統的日本庭園造形美技術系譜考え上で庭園史上価値極めて高い。
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
史跡:  垂井一里塚  垂柳遺跡  垂水斎王頓宮跡  城之越遺跡  城山  城山  城生柵跡

城之越遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/06 15:18 UTC 版)

城之越遺跡(じょのこしいせき)は、三重県伊賀市比土にある集落遺跡。国の名勝および史跡に指定されている[1]


  1. ^ 文化遺産オンライン”. 2015年11月23日閲覧。


「城之越遺跡」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「城之越遺跡」の関連用語

城之越遺跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

KK-B01

フローズン・リレ

エルフェンベイン

インロー式

桜井昇

3000形

屋根葺き笹

木台





城之越遺跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの城之越遺跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS