埋め込みオブジェクトとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 埋め込みオブジェクトの意味・解説 

埋め込みオブジェクト

読み方うめこみオブジェクト
【英】embedded object

埋め込みオブジェクトとは、別のアプリケーション作成されたファイルコピーを、自分ファイル中に取り込んだデータのことである。

埋め込みオブジェクトは、元のファイル変更されても反映されないが、元のデータ作成したアプリケーション呼び出し編集することが可能である。

埋め込みオブジェクトの例としては、Word文書ファイルExcel作成したグラフ埋め込んだものが挙げられる。

Windowsでは、OLEObject Linking and Embedding)と呼ばれるアプリケーション間でデータ共有できる技術使用して実現している。

なお、別ファイルへのリンクをリンクオブジェクトと言う。この場合リンク先ファイル移動したり削除されたりするとデータが失われる。

オフィスソフトのほかの用語一覧
Excel:  オートフィルタ  オートカルク  オートフォーマット  埋め込みオブジェクト  ウォッチウィンドウ  CSV  Excel




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「埋め込みオブジェクト」の関連用語

埋め込みオブジェクトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SCiB

Microsoft Expression Blend

Microsoft Expression Studio 2

LaVie Light

Labelflash

Microsoft Wireless Display Adapter

BlackBerry Passport Silver Edition

eneloop





埋め込みオブジェクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ埋め込みオブジェクトの記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS