坊つちやんとは?

坊つちやん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 18:48 UTC 版)

坊っちゃん』(ぼっちゃん)は、夏目漱石による日本の中編小説




[ヘルプ]
  1. ^ 新潮文庫のあらすじより
  2. ^ 「坊っちゃん」が物理学校卒業という設定になっているのは、漱石自身が同校の設立者(東京物理学校維持同盟員)である桜井房記中村恭平と親交が深かったほかに、当時の一般的イメージとして物理学校出身教員が高い評判を得ていたことも関係していると考えられている。馬場錬成『物理学校:近代史のなかの理科学生』(中公新書ラクレ2006年)参照。
  3. ^ 正式には「東京市街鉄道」で、現在の都電の前身の一つとなった路面電車鉄道である。のち東京電車鉄道・東京電気鉄道と合併して東京鉄道となり、さらに東京市に買収されて東京市電と改称された。
  4. ^ 夏目漱石は、満仲の弟、満快の子孫。
  5. ^ a b c 朝日新聞 1971年10月2日
  6. ^ この三円は、清の分身だから「返す」のではなく「帰す」なのだというのが坊っちゃんの理屈である。このあたりについて詳しくは、参考文献の山下浩を参照。
  7. ^ 『坊っちゃん』 偕成社文庫 解説 村松定孝 1988年
  8. ^ 安倍能成『我が生ひ立ち』
  9. ^ a b c d e 渡部江里子「漱石の自筆原稿『坊っちやん』における虚子の手入れ箇所の推定、ならびに考察」『漱石雑誌小説復刻全集』三巻所収(リンク先は書誌学者山下浩のウェブサイト)
  10. ^ 河西喜治 『坊っちゃんとシュタイナー 隈本有尚とその時代』 ぱる出版、2000年、ISBN 4-89386-806-3
  11. ^ 『児童文学名作全集1』 福武文庫 あとがき
  12. ^ 「『坊つちやん』のこと」、『群像』2007年1月号。丸谷才一『星のあひびき』所収。
  13. ^ 番組表検索結果 | NHKクロニクル - NHKオンライン
  14. ^ 松下奈緒、二宮主演ドラマ『坊っちゃん』マドンナ役”. ORICON STYLE (2015年12月1日). 2015年12月2日閲覧。
  15. ^ 二宮和也で“坊っちゃん”!多くの名優演じたヤンチャ教師が蘇る”. SANSPO.COM (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。
  16. ^ “正月じゃないとできない顔ぶれ!フジ系新春SPドラマ「坊っちゃん」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年11月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151104/joh15110405040001-n1.html 2015年11月4日閲覧。 
  17. ^ “又吉直樹が夏目漱石役で出演 嵐・二宮主演ドラマ『坊っちゃん』”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2064305/full/ 2015年12月23日閲覧。 
  18. ^ 愛媛発地域ドラマ制作開始!題材はあの名作“くたばれ”坊っちゃん - NHKオンライン
  19. ^ 師範学校との乱闘を報じた新聞を「四国新聞」としているが、これは架空の新聞である。実際に香川県で発行されている四国新聞がこの名称になったのは、本作の発表から40年後の1946年であった。


「坊つちやん」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「坊つちやん」の関連用語

坊つちやんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W61SA

大飛出

ハンドピック

ガーター編み

ミリオン・ダラー

膝関節

セカンドラベル

神奈備の里/稲渕





坊つちやんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坊つちやん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS