坂本幸雄とは?

坂本幸雄

読み方さかもとゆきお

坂本幸雄とは、エルピーダメモリ株式会社代表取締役社長最高経営責任者CEO)である。半導体産業界で経営難にあえぐ数社の再建成功させ、その手腕から「半導体業界救世主」とあだ名される人物である。1947年9月3日生、群馬県前橋市生まれ

1970年日本体育大学体育学部卒業した坂本幸雄は、半導体メーカー日本テキサス・インスツルメンツ(TI)社へ入社した。体育会系で、半導体に関する知識もなく、倉庫係として資材出入庫を始めたという。しかし20年勤務を経たころには、坂本幸雄は取締役務めるまでになっていた。その陰には、在庫把握する能力や、持ち前体力判断決定に至るまでの迅速さといった坂本幸雄の特長がある。坂本幸雄はTI副社長までを歴任した後、神戸製鋼所に移って半導体本部長就任した。そして2000年には日本ファウンドリー(現・UMC Japan社長へと就任している。

坂本幸雄
※画像提供 / エルピーダメモリ株式会社

エルピーダメモリは、日本電気NEC)と日立製作所それぞれ保有していたDRAM製造部門統合する形で設立された企業である。日本DRAM産業20世紀末ごろには花形産業として世界に名を馳せたが、サムスン電子はじめとする世界企業から猛追を受けて、衰退一途をたどりつつあった。エルピーダメモリ発足は、事実上NEC日立DRAM業界から撤退したことの表明であるといえる。そして日本発のDRAMメーカーは、エルピーダメモリ1社のみとなっていた。このとき、坂本幸雄は台湾メーカーある日ファウンドリー経営に携わっていたが、両社からの強い要請を受けて、経営危機に瀕したエルピーダメモリ統率役を引き受けた。

坂本幸雄は持ち前バイタリティ決断力発揮し、代表に就任した翌日すぐに渡米、それから一週間わたって大陸東奔西走し、主要取引先との絆を深めた。その後世界中飛び回り、米Intelから約140億円を、総計では1700億円あまりを調達し、工場生産ライン増設取り掛かった衰退しつつある業界での巨額投資関係者仰天させた。しかし、工場への巨額投資によって生産能力は向上し、他社対抗する力を持つに至った。エルピーダメモリ世界におけるシェア徐々に回復のきざしを見せ2004年6月には広島に新工場建てるなど、勢いはいよいよ増幅見せている。2004年11月には東京証券取引所市場第一部株式上場、そして上場初年度設立初めての黒字化実現した。

社名エルピーダ」には、ギリシア語の「希望」を語源としているという。坂本幸雄の采配は、21世紀における日本半導体産業希望の星として、いよいよ輝き増している。


参照リンク
エルピーダメモリ株式会社





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「坂本幸雄」の関連用語

坂本幸雄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

家入一真

鉢嶺登

後藤玄利

兼元謙任

堀主知ロバート

井上雅博

三木谷浩史

内藤裕紀





坂本幸雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT企業家列伝IT企業家列伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ坂本幸雄の記事を利用しております。

©2016 Weblio RSS