地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガンの意味・解説 

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン

原題:
製作国:日本
製作年:1972
配給:東宝
スタッフ
監督:福田純 フクダジュン
製作:田中友幸 タナカトモユキ
脚本:関沢新一 セキザワシンイチ
撮影:長谷川清 ハセガワキヨシ
音楽:伊福部昭 イフクベアキラ
美術:本多好文 ホンダヨシフミ
編集:田村嘉男 タムラヨシオ
録音:矢野口文雄 ヤノグチフミオ
スクリプター:田中一清 タナカカズキヨ
助監督:岡田文亮 オカダ
照明:佐藤幸次郎 
キャスト(役名
石川博 イシカワヒロシ (小高源吾)
高島稔 タカシマミノル (高杉正作
梅田智子 ウメダトモコ (志摩マチコ
村井国夫 ムライクニオ (志摩武士
菱見百合子  (友江トモ子
藤田漸  (少年
西沢利明 ニシザワトシアキ (クボタ
大前亘  (配下の男)
葦原邦子 アシハラクニコ (おばさん
中村是好 ナカムラゼコウ (和尚さん)
武藤章生 ムトウショウセイ (編集長
清水元 シミズゲン (防衛本部指令
中島春雄 ナカジマハルオ (ゴジラ
大宮幸悦  (アンギラス
伊奈貫太 イナカンタ (キングギドラ
中山剣吾 ナカヤマケンゴ (ガイガン
解説
昭和二十九年「ゴジラ(1954)以来シリーズ二十四本目。未来怪獣ガイガン十八代目の新怪獣脚本は「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」の関沢新一監督は「西のペテン師・東のサギ師」の福田純撮影は「愛ふたたび」の長谷川清それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
売れない新怪獣を描いていた小高源吾の劇画も、彼のマネジャー自称する友江紹介で、建設中の世界子供ランド採用される事になった。さっそく出向いた源吾は、追われて飛び出して来た若い女性落していったテープを拾った。彼はひときわ高くそびえ立つゴジラ塔へ入り想像つかない特殊機械に驚かされた。事務局長と称するクボタに、最上部にあるコントロールタワー案内されたが、機械操作していたのは、見るから少年といった感じ不気味会長であった。その夜源吾のアパートへ、昼間子供ランドから飛び出へて来た女、志摩マチコと、高杉正作テープ取り戻しに来た。源吾は二人の話により、子供ランド悪だくみの巣で、マチコの兄武士監禁されており、源吾の拾ったテープ秘密を握る二本のうちの一本であるという事を知った。テープを装てんするとキイキイと電子音流れ出すばかりだったが、それは遠く怪獣島に眠っているゴジラアンギラスたちの脳波刺激していたのだ。勿論源吾たちはこの事を知らない翌日三人が、クボタ会長身許調査したところ、一年前行方不明になっていた事が判明した。源吾はゴジラ塔へ潜入したが失敗し、その上アパートつきとめられテープを奪い返えされてしまった。さて、テープが戻ったゴジラ塔では会長クボタ、実は二人は、M宇宙から来たインベーダーなのだが、地球侵略計画を進めていた。二つテープが装てんされ怪電波が発せられた。その電波に乗せられ宇宙怪獣キングギドラ一角一眼未来怪獣ガイガン金属音上げながら地球へ飛来し、東京襲撃次々と破壊ていった一方ゴジラは、地球救助する為にアンギラスを従え、一路東京へ。二対二の凄絶決闘が、いつしかレーザー光線設置しているゴジラ塔へと近づいていったインベーダーたちにとって思うつぼである。ゴジラ危うし!源吾は、囚われていた友江武士救出するとともに、塔に火薬仕掛け爆破した。指導者を失った、キングギドラガイガン一瞬たじろぎ、その隙をついたゴジラ反撃開始死力尽くし闘うゴジラには、キングギドラガイガンなど適うはずがなかった。決闘は終った。一声高く勝利勝どきをあげたゴジラは、傷ついたアンギラスいたわり怪獣島めざして帰っていった

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/24 02:52 UTC 版)

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(ちきゅうこうげきめいれい ゴジラたいガイガン)は、「東宝チャンピオンまつり」の一編として東宝が製作し、1972年(昭和47年)3月12日に公開した日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第12作である。観客動員数は178万人。カラー、シネマスコープ




注釈

  1. ^ ただし、小高は集められた地球人のデータに該当しない人柄を持っていたため、個人的興味を持った丈夫の意向で接触の機会を増やしていた。
  2. ^ アメリカの音楽グループ「Army Of The Pharaohs」の曲「Dump The Clip」で、「ゴジラマーチ」の歌詞が一部使われている。
  3. ^ シングルレコードのB面で、劇中未使用(予告編では使用された)。
  4. ^ 本編班のクランクアップ時の記念撮影では、このタイトルの入ったプレートが飾られている[8]
  5. ^ この手法は、翌年の次回作『ゴジラ対メガロ』(福田純監督、1973年)にも受け継がれている。同作では本作で用いた流用映像のみならず、ガイガンの登場シーンを中心に本作の映像も流用されている。
  6. ^ 前作と本作のゴジラのぬいぐるみは、予算の都合から『怪獣総進撃』に使用された物の使い回し=中島専用のオーダーメイドという事情もあった。

出典

  1. ^ a b 野村宏平 2004, p. 179.
  2. ^ 間宮尚彦 2000, p. 150.
  3. ^ a b c 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス2012年、152 - 155頁。ISBN 9784864910132 
  4. ^ 野村宏平 2004, p. 327.
  5. ^ ゴジラシリーズ全28作品:地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン | ゴジラ総選挙 最終プレゼンSP J:COMテレビで公開生放送 | MY J:COM
  6. ^ 『ゴジラ大全集』 講談社1994年、73頁。ISBN 406178417X
  7. ^ 『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』 KADOKAWA〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年、139頁。ISBN 9784048669993 
  8. ^ 『東宝特撮映画DVDコレクション』第45号、デアゴスティーニ・ジャパン2011年7月、 11頁、 雑誌コード:20691-7/5。
  9. ^ 間宮尚彦 2000, p. 207.
  10. ^ 野村宏平 2004, p. 182.
  11. ^ 「ゴジラ対ガイガン オリジナルサウンドトラック」『50th アニバーサリー・ゴジラ・サウンドトラック・パーフェクトコレクションBOX3』、東宝ミュージック、2005年
  12. ^ 『ゴジラの音楽』 作品社2010年、351 - 352頁。ISBN 4861822998 
  13. ^ a b 「VisualRadar」、『宇宙船』Vol.112(2004年5月号)、朝日ソノラマ2004年5月1日、 67頁、 雑誌コード:01843-05。


「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」の関連用語

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

9000系

ビーム球

東京水道水源林

樺山資紀

1000系

マダラ

布切はさみ

プレキャストコンクリート版舗装





地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS