地層密度検層とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 土木 > 検層 > 地層密度検層の意味・解説 

地層密度検層

読み方ちそうみつどけんそう
【英】: formation density logging
同義語: 密度検層  

物理検層一つで、測定電極内に装備されたガンマ線源からガンマ線地層放射して、地層密度連続的測定する検層をいい、この密度から地層孔隙率こうげきりつ}が算定できる。
ガンマ線地層放射すると、ガンマ線光量子地層中の物質原子内の軌道電子衝突し、そのエネルギー一部軌道電子与えガンマ線はその進路を変えてさらに衝突繰り返す。これがコンプトン散乱Compton scattering)といわれているもので、コンプトン散乱によってガンマ線次第エネルギーを失い、さらに光電効果周囲原子吸収され、消滅する。コンプトン散乱頻度は、地層電子密度electron density)に比例し、これは地層密度比例することから、コンプトン効果による散乱ガンマ線計測することによって地層密度測定される。
最近密度検層では、コンプトン散乱からの地層密度測定とともに岩質によって光電効果反応異なることを利用し、光電効果反応によるガンマ線検出して地層岩質識別を行う検層シュルンベルジェ社の LDT密度検層)も行われている。
図 1 は、測定電極模式図で、坑内泥水影響最小限にするため坑壁に圧着するガンマ線源と検出器GM 計数管またはシンチレーション計数管使用)を装備している。現在使用されているのは補償密度検層(compensated formation density log)で、図 1 のように検出器を 2 個(線源から長間隔のものと短間隔のもの)備えマッド・ケーキ影響除去するように設計されている。図 2 に記録された地層密度検層柱状図を示す。
図のバルク密度曲線bulk density curve)が測定値で、孔隙率曲線porosity curve)は測定パネル内に組み込まれたコンピューターによって算定されたものである右端曲線は、マッド・ケーキ影響による密度補正がどの程度適用されたかを示す。

図 1 地層密度検層の測定電極 図 2 補償型地層密度検層柱状図

密度検層

読み方みつどけんそう
【英】: formation density logging
同義語: 地層密度検層  

»地層密度検層





地層密度検層と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地層密度検層」の関連用語

地層密度検層のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セメント・ボンド検層

合成ガソリン

天然ガス液化プロセス

温度検層

ダイバーター

パイロリシス

海洋CNGセンター

外弧盆地





地層密度検層のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2016 Weblio RSS