国鉄スハ43系客車とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 列車 > 国鉄・JRの車両形式 > 国鉄スハ43系客車の意味・解説 

国鉄スハ43系客車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/12 06:20 UTC 版)

国鉄スハ43系客車(こくてつスハ43けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が1951年から製造した客車の形式群である。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 当形式に限らず、10系以前の客車は三等車(普通車)に関してはデッキを有するクロスシートで製造され、独立した便所と洗面所も備える。戦災復旧車とオハニ63形(後のオハニ36形)以外の鋼体化改造車を除いて長距離優等列車への投入が優先されていた。
  2. ^ ラッシュアワーのすし詰め状態となる通勤電車(TR23系台車は電車付随車にも使用された)を除けば、平常ではあり得ない過大荷重である。
  3. ^ 社内呼称FS-1、後のDT14。
  4. ^ 旧形客車改造の軽量寝台車オハネ17形制作時には、乗り心地改善のために大量に捻出転用され(この結果、新形式のオハ47形・オハフ46形が出現した)、更に、はるか後年のオリエント急行日本運行(1988年)に際しては、搭載車の自重が「マ」級以上となることからばね定数の変更を実施し、オリエント急行用客車の日本国内運行用台車に流用された。
  5. ^ 1960年代以降、近代化改造工事に併せてサークライン型の蛍光灯に交換されている。
  6. ^ 現代の車両では乳白色のものが採用されている。
  7. ^ 4両全てが保存・再利用されている。
  8. ^ 当時の特急列車では、終端駅で編成単位での方向転換を実施し、展望車が最後尾となるようにするのが常識であり、本系列の一方向固定クロスシートの採用も、その常識が前提であった。
  9. ^ これは本来の用途である特急でも問題となった。京都駅 - 博多駅間運行であった特急「かもめ」では、京都方では、梅小路のデルタ線使用で極めて短時間での方向転換が可能であったものの、博多方での編成の方向転換に博多駅→吉塚駅志免駅酒殿駅香椎駅→吉塚駅→博多駅、と福岡近郊の路線群を引き回す必要があった。その作業には実に1時間43分もの時間が浪費され、費用面でも深刻な問題であったため、早期に10系客車への置き換えが実施されている。
  10. ^ 当初はスハ44形の面影を留めるスハフ43 11 - スハフ43 24の譲受を希望していたが、交渉の段階で既に最後の1両が飲食店に払い下げられており、やむなくこれら2両の譲受となったという。
  11. ^ 2011年10月31日に西日本旅客鉄道(JR西日本)宮原総合運転所(現・網干総合車両所宮原支所を除籍廃車。
  12. ^ カットされ保存されている。
  13. ^ この2両はC62ニセコ号で運用された車両である。
  14. ^ 元々は船の科学館フローティングパビリオン羊蹄丸」船内で展示されていたが、同船の展示廃止解体により同車がオークションにかけられ真岡鐵道が落札入手した。
  15. ^ この2両はC62ニセコ号で運用された車両である[13]
  16. ^ 店舗として使用。
  17. ^ レストランとして使用。
  18. ^ 道の駅てっくいランド大成で飲食店として使用後、同町内の「バーベキューハウスメーメー」に移設し店舗として使用。
  19. ^ カラオケルームとして使用。
  20. ^ 休憩室として利用。
  21. ^ 展示室として使用。
  22. ^ 客車劇場・客車文庫として使用。

出典

  1. ^ 日本交通公社出版事業局 『国鉄車両一覧』p.206。同書によれば「形式40番代は戦後に製造された特急・急行用の客車」と説明している。
  2. ^ JTBパブリッシング 寺本光照『キャンブックス さよなら急行列車』p.88
  3. ^ グランプリ出版 塚本雅啓『戦後日本の鉄道車両』p.88
  4. ^ イカロス出版『J-train』vol25 p.41
  5. ^ 交友社『鉄道ファン』No.413 p.50
  6. ^ ネコ・パブリッシング『Rail Magazine』No.336 p.9
  7. ^ JTBパブリッシング 岡田誠一『国鉄鋼製客車Ⅰ』 p.239
  8. ^ イカロス出版『J-train』vol.25 p.27
  9. ^ グランプリ出版 塚本雅啓『戦後日本の鉄道車両』p.90
  10. ^ 『鉄道ファン』2012年7月号 交友社
  11. ^ 真岡駅「SLキューロク館」がオープン - 鉄道ファン・railf.jp(2013年4月29日)2013年9月10日閲覧。
  12. ^ スハフ44 25が真岡駅構内に到着 鉄道ファン・railf.jp 2012年7月11日
  13. ^ 田中雅章 (2015年10月4日). “レトロ客車、差し上げます 50年代の2両、北海道・由仁で放置” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(社会) (北海道新聞社). オリジナル2015年10月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20151004204727/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0186697.html 2015年10月4日閲覧。 


「国鉄スハ43系客車」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国鉄スハ43系客車」の関連用語

国鉄スハ43系客車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

CH-47J

絵てがみ

ツノゲシ

Warren G. Harding

トレーニング・センター

ラリー・ペイジ

白州

EX-S880





国鉄スハ43系客車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国鉄スハ43系客車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS