国民年金とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 財政 > 年金 > 国民年金の意味・解説 

こく みんねんきん [5] 【国民年金】

国民老齢障害死亡に関し必要な給付を行う年金制度1959年昭和34制定国民年金法により創設被用者年金被保険者以外の者を対象としたが,86年からの基礎年金とする新制度により,満二〇歳以上六〇歳未満の者を被保険者とする。給付には,老齢基礎年金障害基礎年金遺族基礎年金付加年金寡婦年金死亡一時金がある。

国民年金保険(こくみんねんきんほけん)【国民年金】


国民年金

国民年金は、個人事業主自営業者加入対象となる保険制度です。 保険料支払い本人によって行われます。
原則として65歳から受け取ることができる保険制度であり、 実際に受け取るためには国民年金の納付期間と免除期間、 厚生年金加入していた期間などを合算して、 25年上の保険料支払いがあることが必要となります。
保険料納めた期間、免除を受けた期間によって受け取る年金額は異なります。

国民年金 (こくみんねんきん)

私たちの生活、特に老後の生活を守る最も基本的経済準備が国民年金。原則として20歳以上60歳未満全ての国民が国民年金の被保険者となる。
国民年金の保険料自営業者とその配偶者などは個々納付する。サラリーマンとその配偶者は、厚生年金保険料や共済年金掛け金含めて納めているため、個別国民年金保険料を納付することはない。

国民年金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/30 02:32 UTC 版)

国民年金(こくみんねんきん、National Pension)とは、日本国民年金法等によって規定されている、日本の公的年金のことである。現行制度は国民皆年金制度の基礎年金部分(1階部分、Basic Pension)に相当する。


  1. ^ 『厚生労働白書 平成28年度』 厚生労働省、2016年、資料編http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/16-2/ 
  2. ^ a b c 平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況 - 厚生労働省(2017年(平成29年)8月20日閲覧)
  3. ^ 平成26年度の国民年金の加入・保険料納付状況 (PDF)”. 厚生労働省. p. 3 (2015年6月). 2016年6月6日閲覧。
  4. ^ 未納・未加入の状況等について、第8回社会保障審議会年金部会、2008年5月20日
  5. ^ 国立社会保障・人口問題研究所「生成23年度社会保障給付費」 2013年(平成25年)12月, p25
  6. ^ 厚生労働省「平成24年国民生活基礎調査」 2013年(平成25年)7月
  7. ^ 平成26年度決算(年金特別会計 国民年金勘定)”. 厚生労働省. 2015年9月1日閲覧。
  8. ^ 厚生労働省年金局「平成25年度厚生年金・国民年金の収支決算の概要」 2014年(平成26年)8月
  9. ^ 厚生年金積立金は被用者年金一元化により、「特別会計積立金」(従来の積立金)と「実施機関積立金」(共済年金からの移行分)とに分かれ、実施機関積立金の運用は各実施機関が行う。
  10. ^ 任意加入被保険者を含む。
  11. ^ 65歳以上で老齢または退職を支給事由とする年金給付の受給権を有する被保険者を含む
  12. ^ 旧法の厚生年金では60歳未満で受給できる老齢給付があったことから設けられている。新法施行から30年以上経過した現在では60歳未満でこの要件に該当する者は実際には考えにくい。
  13. ^ 実際には20歳に達して届出をしなかった場合でも、職権による強制加入が行われ、届出ないことにより被保険者資格取得を免れることはできないこととなっている。
  14. ^ 旧法時代は都道府県知事の承認。
  15. ^ 任意加入被保険者のうち「日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者であって、被用者年金各法に基づく老齢年金を受けることができる者」「日本国籍を有する者であって日本国内に住所を有さない20歳以上65歳未満の者」については、任意脱退の規定の適用については、当該期間(合算対象期間)は第1号被保険者期間とみなされる(附則第7条1項)。したがって日本人が任意脱退の適用を受けるケースは事実上ない。
  16. ^ 2005年(平成17年)、2006年(平成18年)は保険料改定率は「1」とされたので、法定額がそのまま実際の保険料額となった。
  17. ^ 平成23年国民年金被保険者実態調査結果の概要 (PDF) - 厚生労働省(2013年(平成25年)11月21日閲覧)
  18. ^ 振替日が休日の場合は翌営業日に振替される。
  19. ^ 割引額は年利4%の複利原価法によって計算した額とされる。
  20. ^ “平成26年4月から国民年金保険料の「2年前納」が始まる予定です” (プレスリリース), 年金機構, (2013年4月4日), http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=22807 2013年11月16日閲覧。 
  21. ^ 国民年金 保険料をまとめて支払うとおトク! 前納・口座振替 岸和田市
  22. ^ 実際には督促に先立って、機構から委託された業者等による、法的効力のない「催告状」や電話による照会は行われている。
  23. ^ 2010年(平成22年)1月に財務大臣への委任制度が設けられた際は「24月以上」とされていたが、国民年金においては委任件数がゼロであったため、更なる徴収を図るため期間を短縮した。
  24. ^ 平成28年12月12日財務省告示第362号
  25. ^ 国民年金保険料の後納制度”. 日本年金機構 (2013年11月12日). 2013年11月20日閲覧。
  26. ^ 平成25年8月末現在 国民年金保険料の納付率 (PDF) - 厚生労働省(2013年(平成25年)11月21日閲覧)
  27. ^ ただし、2004年(平成16年)〜2014年(平成26年)度までは、2004年(平成16年)度の年金額に相当する額として計算した額(物価スライド特例措置)よりも、マクロ経済スライドによる年金額のほうが低いので、最低保障として、物価スライド特例措置による額が支給されていた。またこの場合、改定率の計算に調整率は乗じられない。
  28. ^ 現役被保険者数の減少と平均余命の伸びに基づいて設定される。2017年(平成29年)度の場合、被保険者数の変動率(0.998)×平均余命の伸び率(0.997)=2017年(平成29年)度の調整率(0.995)となる。
  29. ^ 前年度から名目額が上がるのは、1999年(平成11年)度以来16年ぶり。
  30. ^ 短期在留外国人の脱退一時金 日本年金機構
  31. ^ 2006年(平成18年)度以後の脱退一時金の額は、2005年(平成17年)度の支給額に、当該年度と2005年(平成17年)度の保険料の額の比に応じて政令で定めることされる。
  32. ^ 国民年金の保険料の推移
  33. ^ 第159回国会 厚生労働委員会 第9号(平成16年4月7日(水曜日))
  34. ^ 週刊ダイヤモンド 2013年(平成25年)9月14日号p.34 特集「ここまで減る!あなたの年金」



国民年金

出典:『Wiktionary』 (2009/03/11 09:37 UTC 版)

名詞

国民 年金こくみんねんきん

  1. 政府管掌する年金強制加入し、他の公的年金制度適用を受けない一般国民に対し、その老齢障害死亡場合基礎年金支給する制度

翻訳






国民年金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

国民年金に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国民年金」の関連用語

国民年金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大粒径アスファルト混合物

小型ポンプ車

プロフェサー・トブラー

拡掘

ライフセービング

フェランティ

810M 光伝送システム

3000系





国民年金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2017 Houterasu All rights reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2017 Net Markers.Inc all rights reserved.
保険の窓口インズウェブ保険の窓口インズウェブ
Copyright(c) 1999-2017 SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国民年金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国民年金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS