国土開発幹線自動車道建設会議とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 日本の高速道路 > 国土開発幹線自動車道建設会議の意味・解説 

国土開発幹線自動車道建設会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/04 08:14 UTC 版)

国土開発幹線自動車道建設会議(こくどかいはつかんせんじどうしゃどうけんせつかいぎ)とは、国会議員や有識者から構成され、国土開発幹線自動車道建設法に基づき全国で計画されている、国土開発幹線自動車道(総延長11,520km)などの建設・整備を審議する2003年12月25日に設置された国土交通大臣の諮問機関である。国幹会議(こっかんかいぎ)と略される。




  1. ^ 後に民主党の補正予算執行見直しにより、事業が凍結されたが、後に一部区間の着工が決定(路線名は明らかにされていない)。


「国土開発幹線自動車道建設会議」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国土開発幹線自動車道建設会議」の関連用語

国土開発幹線自動車道建設会議のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

草地酪農

ショートテニス

ポケモンGO

横川山

ダブルリボン

FWD

花文雁金透図鐔

掃海艇「うわじま」型





国土開発幹線自動車道建設会議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国土開発幹線自動車道建設会議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS