国体護持とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 国体護持の意味・解説 

国体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/08 07:51 UTC 版)

(国体護持 から転送)

国体(こくたい)とは、そのの基礎的な政治の原則[1]を指し、日本語の文脈で使用される際、通常は「天皇を中心とした秩序(政体)」[2]を意味する語となっている。


[ヘルプ]
  1. ^ 八木秀次によれば国体とは「欧米に国体に似た文字があるかと言えば、強いて言えば、フランス革命イギリスにも影響を及ぼし、イギリスもまた共和政体に変更すべしという議論があったときにエドマンド・バークが「イギリスの政体は共治である。君民共治はイギルスの基礎的政治の原則(Fundamental Political Principle of England)である・・・」と主張した。このバークのいう「基礎的政治の原則」という文字が、やや日本の国体に似ているように思う」とする。「明治憲法の思想: 日本の国柄とは何か 八木秀次(PHP出版)P.123
  2. ^ 「過去との断絶と連続--1945年以降のドイツと日本における過去との取り組み」マンフレート・ヘットリング/ティノ・シェルツ 川喜田敦子 訳(ヨーロッパ研究6 2007年3月 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部ドイツ・ヨーロッパ研究センター)[1][2]P.5
  3. ^ KO字源[3]
  4. ^ 「天照大神が皇孫瓊瓊杵ノ尊を降し給ふに先立つて、御弟素戔嗚ノ尊の御子孫であらせられる大国主ノ神を中心とする出雲の神々が、大命を畏んで恭順せられ、こゝに皇孫は豊葦原の瑞穂の国に降臨遊ばされることになつた。而して皇孫降臨の際に授け給うた天壌無窮の神勅には、豊葦原の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂(みづほ)の国は、是れ吾(あ)が子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき地(くに)なり。宜しく爾皇孫(いましすめみま)就(ゆ)きて治(しら)せ。行矣(さきくませ)宝祚(あまつひつぎ)の隆えまさむこと、当に天壌(あめつち)と窮りなかるべし。と仰せられてある。即ちこゝに儼然たる君臣の大義が昭示せられて、我が国体は確立し、すべしろしめす大神たる天照大神の御子孫が、この瑞穂の国に君臨し給ひ、その御位の隆えまさんこと天壌と共に窮りないのである。而してこの肇国の大義は、皇孫の降臨によつて万古不易に豊葦原の瑞穂の国に実現されるのである。」『国体の本義
  5. ^ 子安宣邦「朱子学と近代日本の形成-東亜朱子学の同調と異趣」 台湾東亜文明研究学刊第3巻第1期 2006.6、PDF-P.4、5
  6. ^ 立憲学派は国体に関わる実践は、法理ではなく倫理の範疇に関わるものであるとする。立憲学派においても国体とは国家創業以来の「歴史の経験」の現実であるとし、超国家的なものとしての倫理の実践を重視する。法体制として憲法による君主権の制約というイギリス流の憲法観に拠るものであり、天皇廃止論に輿するものではない。
  7. ^ 「野口米次郎の一九二〇年代後期の指向性」堀まどか(総研大文化科学研究 第4号2008.3.31)[4]P.94(脚注7)
  8. ^ 上杉慎吉『帝国憲法』1924年 大正13年度東京帝国大学講義 謄写版
  9. ^ 『水野博士古稀記念 論策と随筆』水野博士古稀祝賀会事務所刊、1937年昭和12年)。
  10. ^ 『社会学小辞典』(有斐閣・1982年・増補版)の「天皇制ファシズム」の項には〈日本の場合、イタリアやドイツなどのような「下から」の運動による国家権力の掌握ではなく、天皇制国家権力自体が「上から」なし崩し的にファシズム化していったので、天皇制ファシズムと呼ばれる。〉とある。
  11. ^ 上記の通り戦前即ち帝国時代にも日本共産党は「天皇制」の用語を使用していたが、一般には普及しなかった。
  12. ^ 『社会科学総合辞典』新日本出版社、1992年、189頁、「国体」の項。


「国体」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

国体護持に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国体護持」の関連用語

国体護持のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




国体護持のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS