四智とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義(数) > 四智の意味・解説 

し ち [1] [2] 【四智

〘仏〙
唯識派に始まる概念で,仏の完成された悟りに備わる四つの智。万物真理の姿を示す大円鏡智自他根本的区別のない同一存在であることを知る平等性智,教化対象をよく知り,的確な説法を行う妙観察(みようかんざつち)対象適した変化(へんげ)を示す成所作智(じようしよさち)総称。四智は,それぞれ八識阿頼耶(あらや)識,末那識意識,他の五識真理転換して生ずとされる
四諦を悟る苦・集・滅・道の四智。羅漢の四智。

四智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/01/18 00:59 UTC 版)

四智(しち)とは、仏教において羅漢などが持つ4種の智慧を言う。




「四智」の続きの解説一覧





四智と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「四智」の関連用語

四智のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




四智のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四智 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS