唐草桜紋図鐔とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 唐草 > 唐草桜紋図鐔の意味・解説 

唐草桜紋図鐔

からくさにさくらもんずつば
桃山時代木瓜
縦;87.3ミリ横;83ミリ
時代遡る真鍮象嵌鐔の魅力は、強靭な趣のある地の様子と、そこに嵌入された渋い色合い真鍮地との調和によって生み出された素風合いほかならない応仁鐔に始まる真鍮象嵌の鐔は、平安城象嵌によって装飾性が高められ、次の時代への架け橋となったともいえるが、室町時代後期から桃山時代にかけての文様表現技術は、多く工芸影響与えのである。この鐔は、唐草文桜花紋を交えた簡潔文様真鍮彫込象嵌とし、その独特の風情を鐔全面滲み出させた作。桜花紋は肉高く丸く量感があって存在感主張している。象嵌各部には一点脱落もなく健全である。
唐草桜紋図鐔





唐草桜紋図鐔と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「唐草桜紋図鐔」の関連用語

唐草桜紋図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

竹春蘭図縁頭

車透図鐔

白鳥図小柄

高士隠棲図鐔

梅樹透図鐔

鯉魚図揃金具

獅子図大小鐔

鯉魚図鐔





唐草桜紋図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2016 Weblio RSS