唐桟縞とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 唐桟縞の意味・解説 

唐桟縞

読み方:トウザンジマ(touzanjima)

細番の諸撚綿糸平織したもの

別名 唐桟(とうざん)


唐棧縞

名称: 唐棧縞
ふりがな とうざんじま
芸能工芸区分 工芸技術
種別 染織
選択年月日 1972.04.10(昭和47.04.10)
選択要件
備考
解説文:  江戸時期長崎貿易によって印度からもたらされ木綿の縞職物を、桟留島【さんとめじま】、奥縞おくじま】と称し、江戸時代都市生活愛好することの多かったものである。丁度、綿織物庶民衣料として普及した時代で、舶来の縞木綿したもの多く作られ、これを唐桟とうざん】と呼んだようである。最も盛んに行なわれたのが幕末武蔵川越地方で、川越唐桟かわごえとうざん】(川唐)として流行をみた。
 斉藤家に伝承されている唐桟は、明治初年昭憲皇太后殖産所で、千葉県印旛郡白井村出身斉藤茂助伝習し、以来館山において三代にわたり、その技法を受け継いでいる。「細番手二子糸」を使用し、植物染料染め平織りにする。赤茶系のタテ縞が多く、「万両」「カツオ」「西川」「乱立」「オランダ」「胡麻」等古典的縞柄を、各種植物染によって製作を行なっているのは貴重である。
工芸技術のほかの用語一覧
染織:  上代植物染  組紐  丹波布  唐棧縞  白石紙布  紋章上絵  有松鳴海絞




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「唐桟縞」の関連用語

1
100% |||||

唐桟縞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

油そば

プラハ

馬力規制

葉変わり女竹

KTM 65 SX

オイル

釧路湿原国立公園

飛鳥Ⅱ





唐桟縞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS